【重要】アップル、11/3(日)午前9時までにiPhone 5のiOSアップデートを案内、位置情報問題や以降のアップデートやサービス利用不可回避で〜2012年以前発売機種は一部利用に支障が

アップルは、iPhone 5など2012年以前に発売された一部機種において、位置情報やその後のアップデートやサービスの利用に支障が出るとして、2019年11月3日(日)午前9時(日本時間)までにiOSアップデートを行うように案内している。

対象機種と、アップデートできるバージョンは以下。

・iPhone 5/iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular:iOS 10.3.4
・iPhone 4s/iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular/iPad 2 Wi-Fi + Cellular (CDMA モデルのみ)/iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular:iOS 9.3.6

アップルでは「iPod touch や Wi-Fi 専用モデルの iPad はこの問題の影響を受けません。また、上記より新しいモデルの iOS デバイスにも影響はありません。」としている。

また、理由として「いわゆる GPS 週数ロールオーバーの問題によるもので、他社メーカーの GPS 搭載製品では 2019 年 4 月 6 日頃から影響が出始めています。一部の Apple 製品もこの影響を受けますが、影響が出始めるのは協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 11 月 3 日 午前 9 時) 以降です。」とも記載している。

iPhone や iPad のソフトウェアをアップデートして位置情報の問題を回避する|Apple

対象機種では記載の時間までにアップデートしておかないと利用に支障が出るので、すぐに行っておきたい。

 

iPhone 5は要注意〜アップデートやサービス利用にも影響

しかし、iPhone 5においてはそれだけでなく、期間を過ぎてもアップデートを行っていないと本体からのiOSアップデートやアップルのサービスなどにも支障が出ると案内している。

iPhone 5 をお使いのお客様は、正確な GPS 位置情報を維持し、正しい日時に基づいて機能する製品やサービス (App Store、iCloud、メール、Web ブラウザなど) を継続して使えるようにするため、必ず iOS をアップデートする必要があります。 

2019 年 11 月 3 日までに iPhone 5 のアップデートを終えていない場合、その後はワイヤレス (OTA) でのソフトウェアアップデートや iCloud バックアップが機能しなくなるため、Mac や Windows パソコンを使ってバックアップおよび復元しなければアップデートできなくなります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iPhone 5は各種サービスで位置情報が関連しているようだ。

ただ、期間までにiOSアップデートしないと使い物にならなくなるという訳ではなく、期間後はパソコンからアップデートで解決できるようだ。もちろんパソコンを持っていない場合、どうしようもなくなる。

なお、macOSの最新バージョンである「macOS Catalina 10.15」からは、これまであったiTunesの機能が分割されて提供とっているので注意したい。

詳細は上記のリンクを参照。「こちらの記事」の内容は以下。

App Store、iCloud、メール、Web、その他のサービスを継続して使えるよう iPhone 5 をアップデートする|Apple

 

流石に今iPhone 5など2012年以前の機種をメインで使っている人は少ないと思うが、2台目や自宅でまだまだ現役の人は利用機種によっては支障が出る内容なので、2019年11月3日(日)午前9時(日本時間)までにアップデートしておく方が賢明だろう(期間以降もパソコンがあれば解決可能ではあるが)。

アップデートはあまりに古いと最新バージョンまでに数回アップデートが発生する場合があるため、余裕を持って行っておきた。
iPhone 5利用者は特に注意が必要だ。

 

 

Twitterはこちら