ヤマダ電機でauのXperia 1がかえトクプログラム開始後も3Gからの機種変更(非VoLTEスマホ)とMNPで一括10,380円など〜2/29(土)まで

ヤマダ電機において、auのXperia 1 SOV40が3Gケータイやスマートフォンからの機種変更やMNPなどで一括10,380円から販売されている事を確認した。
期間は2/29(土)までとなっている。

auでは2/21(金)から「かえトクプログラム」が開始となったが、特にその影響で一括安売りなどがなくなったという訳ではなさそうだ。

かえトクプログラム|au

ちなみにXperia 1の機種代金は92,880円で、残価は31,010円となる。
購入後13ヵ月目~25ヵ月目までに新たな機種に買い替えし、購入機種を回収した場合、分割支払金の最終回分31,010円が支払い不要となり、支払い額は61,870円となる。
あくまで定価購入の場合は以上のようになる。

それぞれの契約形態での価格や還元額は以下。

3Gケータイ・スマホからのMNP/auケータイ(3G)・非VoLTEスマホからの機種変更

・一括10,380円(店舗独自割引:▲82,500円)

※機種変更の場合、現在の端末利用期間が16ヶ月以上が条件

MNP

・22,000円還元

新規/学割(25歳以下)加入で機種変更

・11,000円還元


先日、後継機のXperia 1 Ⅱも発表され、日本でも販売予定の案内があったが、デザインやコンセプトなどはXperia 1変わっていない部分もあるので、今回の条件に該当する人で、2019年から生まれ変わったXperiaを安く使ってみたい人にとっては良い機会なのではないだろうか。

ソニーの技術を結集した5G対応モデルフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化|ソニー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください