【注意】ドコモの5G機種に機種変更の際は5GのSIMカードでは4G機種は動作保証対象外で案内

7/9(金)にドコモからXperia 1 Ⅲ SO-51Bが発売となった。自分も購入したのだが、店頭購入時に気付いた点を紹介したい。

4G機種から5G機種に機種変更(契約変更)した場合、5G契約のSIMカードに変更(システムの登録上で見た目は変わらない)となるはずである。料金プランも5Gギガホプレミアや5Gギガライトになる。

店頭購入だと、それまで使っていたSIMカードを5G機種に挿して店員が動作確認などもするはずである。
もう4G機種は使う予定はなく(下取りに出してしまった)、5G機種にSIMカードを挿したまま持って帰る人はそれでも特に問題ないと思うが、5G機種で動作確認した後は、元々使っていた4G機種にSIMカードを挿して、後で自宅などでデータ移行しようと思っている人は注意が必要だ。

ドコモでは5G契約に対応したSIMカードは、4G機種で動作保証を行っていない。
なので、機種によっては使えない機能も出てくると思われる。これは5Gスマホが何らかの場合に故障した際に、取ってあった4G機種を利用する際にも影響が出てしまう。


逆に4G契約のSIMで5Gスマホを利用する場合も動作保証対象外となる




5Gのご契約とご利用機種に関するご注意事項|NTTドコモ

ドコモとしては5GのSIMカードは5G機種で利用するものという考えなのだろう。

機種変更後、まだ4Gスマホで人と連絡などする予定がある人も注意したい。
Xperiaで言うと、Xperia 1/XZ3/XZ2シリーズからの機種変更者が多いのではないかと思われる。

もちろん動作して特に問題なければ良いのだが、店員も問題なく使えますとははっきりとは言い辛いだろう。挿して見るまで分からない。
現在通信規格の過渡期であるので、機種変更予定の人はその後人との予定は入れない、その場でデータ移行を終わらせるなど、しっかり対策しておきたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください