ドコモのAQUOS sense3とP30 Proはauのプラチナバンド(800MHz帯域/バンド18)の4G(LTE)に対応、楽天モバイルで利用できる可能性も

先日、両親が購入したドコモのAQUOS sense3 SH-02Mのスペックを確認していたところ、4G(LTE)回線において、auのプラチナバンド(800MHz帯)であるバンド18にも対応している事を今更ながら確認した。

最初、ドコモのホームページに載っているスペックの対応周波数の箇所ではそれが確認できなかったので、対応していないものだと思っていた。

AQUOS sense3 SH-02M > スペックとサービス・機能|NTTドコモ

ただ、これはドコモの提供している周波数の中での対応状況のようだ。AQUOS sense3自体安価な機種なので、バンド21やバンド42までは対応していないのが分かる。

しかし、ドコモのSIMロック解除ページの対応周波数のPDFでは、ドコモが提供していない周波数の対応状況まで記載されている。
SIMロック解除して他社のSIMカードを使いたい場合はこちらを確認した方が良いだろう。

SIMロック解除|NTTドコモ

SIMロック解除対応機種および対応周波数帯PDF形式:595KB

 

ドコモのAQUOS sense3の4G(LTE)の対応周波数は以下の赤枠部分。

※1 ドコモが使用していない周波数帯
※2 バンド18のみ対応

 

バンド18はauのプラチナバンドなので、それに対応しているという事は、理屈の上ではauまたはauのMVNOなど利用の際に、対応エリアが理由で困る事はほぼないと思われる。バンド1ももちろん対応している。
ただ、ドコモ回線でも通信速度は受信時最大350Mbpsなので、超高速の通信までは望めそうにない。
ちなみにソフトバンクの4G/3Gのプラチナバンド(900MHz帯/バンド8)にも対応している。

そして、上述のバンド18と1.7GHz帯のバンド3に対応しているとういう事は、楽天モバイルの自社回線(au回線を利用したパートナーエリア含む)での利用も理屈の上では可能となる。

 

さらに、4/1(水)から値下げされたHUAWEI P30 Pro HW-02Lも、同じくauのプラチナバンドに対応している事が分かる(上記の青枠)。こちらはバンド18だけでなくバンド26も対応している(auの利用にはバンド26がMFBIに対応していればバンド18と同じ様に利用できるらしいが、バンド18にも対応いるので特に利用に支障はないだろう。この辺りの詳細は各自で調べて頂きたい)。

さすがハイエンドモデルであるのか、AQUOS sense3では非対応の3.5GHz帯のバンド42、1.5GHz帯のバンド21にも対応している。ソフトバンクのプラチナバンドであるバンド8にも対応している(3Gは非対応)。

こちらも理屈の上では楽天モバイルのバンド3とバンド18に対応している事となる。

 

AQUOS sense3を既に持っている人やP30 Proを安く買えた人で、楽天モバイル(MNO)のSIMカードも持っており、まだ確認していない人は接続できるか試してみると良いのではないだろうか。

ただ、どちらの機種も楽天モバイルの対応製品ではないので、利用は自己責任となる。特にSIMカードが届いて最初に挿す端末は対応製品の方が安心だろう。あくまで通話通信の利用が確認できた後で試してみるのが良いと思われる。

楽天モバイルに限らず、上記のPDFなどで自分が持っている機種が他社でどの程度利用できるかも確認してみると良いではないだろうか(他社が提供している周波数をある程度理解できる事が前提となるが)。

 

 

Twitterはこちら