第2世代iPhone SEでは画面左端押し込みによるタスク一覧表示は非対応 〜iPhone X/11に搭載のタップしてスリープ解除も非搭載

4/24(金)に発売となった第2世代iPhone SE(キャリア版は5/11(月)発売)だが、自分も発売日に無事入手したので、これから気付いた事を紹介していきたいと思う。

さて、今回の第2世代iPhone SEだが、画面を押し込む事で機能する3D Touchが非搭載となっている。
これは別にコスト削減という訳でもなく、iPhone XR/11シリーズでも非搭載となっている。あまり使われなかったのだろうか。
代わりに「触覚タッチ」が搭載されている。

3D Touchではアプリアイコンを押し込む事で、ショートカットメニューの表示や文字入力時のカーソル移動などが利用できたが、これらは長押しでの代用となっている(文字入力時のカーソル移動はスペースキーや「空白」ボタン長押し)。

そのためか、これまでのiPhone 8/7/6sとは異なり、画面左端を押し込む事で表示できたタスク一覧の表示ができなくなっている。


iPhone 6s/7/8では左端を押し込む事でタスク一覧を開くことができた

以前対応していたiPhoneを使っていた人が買い替える場合は注意したい。

 

また、iPhone Xシリーズ/11シリーズ以降のデザインのiPhoneでは、スリープ中の画面をタップする事でスリープを解除する「タップしてスリープ解除」機能があるが、iPhone SEでは非対応となる(元々iPhone 8/7などでも搭載されていなかったと思われるが)。
机に置いていて画面を点灯させる時に便利なのだが、Touch ID搭載のiPhoneは指紋センサーを利用しろという事なのだろう。

「タップしてスリープ解除」を搭載するiPhoneでは、「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」から確認できるが、iPhone SEには項目自体が存在しない。


左:iPhone SE、右:iPhone 11 Pro

あまり多くはないだろうが、iPhone XSやXRから買い替える人は注意が必要だ。

 

 

Twitterはこちら

第2世代iPhone SEでは画面左端押し込みによるタスク一覧表示は非対応 〜iPhone X/11に搭載のタップしてスリープ解除も非搭載” に対して1件のコメントがあります。

  1. よもやま より:

    今まさに、iPhoneSE2で左端を押し込んでappスイッチャーが効かず、何故だろう(設定?)と思っていたところでした。
    3Dタッチ非搭載なんですね…

この投稿はコメントできません。