【8/24(水)〜】mineoでeSIM(au回線のみ)と月額660円のマイそくライトが提供開始

mineoは8/24(水)9時より、eSIMとマイそくライトの提供を開始する。

 

mineo(マイネオ)

 

格安スマホはmineo

 

 

eSIMについて

eSIMについては「Aプラン(au回線)」での提供となる。ドコモ回線であるDプランも予定されているが、2023年2月と少し先になる。

対象料金プランは「マイピタ」「マイそく」で、音声プラン、データプラン問わず対応となる。

対応機種は、iPhone SE(第2世代)、iPhone12シリーズ、AQUOS sense6/wish、Xperia 10 IV、Rakuten Hand 5Gなどで、
動作確認済み対応端末はmineo公式HPに順次掲載予定となる。

eSIMプロファイル発行料として、SIMカード発行手数料と同様に440円が発生するという。

 

また、本人確認時にeKYCが導入されるとの事で、回線開通までオンラインで完結でき、最短で即日から利用可能となる。

 

10月には、Android版mineoアプリのみ対応となるが、煩雑なSIM切り替えをサポートする「SIM切り替え機能 β版」を提供するという。

 

格安スマホはmineo

 

 

マイそくライトについて

mineoでは現在マイそくを提供している。

【6/3(金)〜】mineoで6ヶ月間「マイそく」が最大330円引きと「10分かけ放題」が無料になるキャンペーン

通信速度が月曜から金曜の12時~13時が32kbpsと、mova時代のiモードを彷彿させるような速度となるが、それ以外の時間帯はデータ通信は使い放題となる(直近3日間で10GB以上利用時は除く)。

通信速度は3Mbpsで使い放題のプレミアム(月額2,200円)と、1.5Mbpsのスタンダード(月額990円)の2つがある。

現在キャンペーンで、8月までは6ヶ月間330円割引されている。

 

そして今回、そのライト版が登場する。

月曜から金曜の12時~13時、または直近3日間で10GB以上利用時は、通信速度が最大32kbpsとなり、それ以外の時間帯は最大300kbpsとなるが、月額660円となる。

こちらはeSIMとは違い、au回線だけでなく、ドコモ/ソフトバンク回線も対象となっている。
音声プラン、データプラン問わず対応となる。

 

格安スマホはmineo

 

 


詳細は当日9時より案内されるのでそちらを参照して頂きたい。

mineoでは現在10分カケホーダイも6ヶ月間無料となっている。
5Gもオプションに加入すれば無料で利用できる。

先日よりAQUOS sense6 4GB/64GBモデル、AQUOS R6、Mi 11 Lite 5G、OPPO Reno5 A、OPPO A55s 5G、Zenfone 8が値下げされている。
iPhoneも、13/12/12 mini/SE(第2世代)が取り扱われているので、この機会に利用してみてはどうだろうか。

 

格安スマホはmineo

 

mineoではパケットが余った時に預けて誰かに使ってもらったり、自分が足りない時にパケットを引き出せるフリータンク機能や、平日昼間の通信をゆずり合う事で特典をもらえる「ゆずるね。」、分からない事はコミュニティで質問できる「マイネ王」など、独自のサービスを展開している。

mineo(マイネオ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください