Apple 京都へ行ってきた、新宿店との違いも〜京都の街の写真も

先月の話になるが、8/25(金)にオープンしたApple 京都へ行ってきた。オープン日には行っていないので記念品などはもらっていない。
京都駅に着いたら、地下鉄の烏丸線で2駅の四条駅で降り、徒歩5分程で着く。
駅から地下道で行けば壁にApple 京都の広告などがあるらしいが、完全に忘れていたため地上から行ってしまった。
大丸の隣辺りに、商店街の一角に建っている。

 


外観


新宿店のように巨大ディスプレイがあるのは最近のストアの特徴のようだ

 

店内に大きなディスプレイがあるのは新宿店と同じだ。
しかし、新宿店では展示機のiPhoneがケーブルレスであったのに対して(現在は新宿店もほとんどの展示機でケーブル付きとなってしまった。一部ケーブルレス)、京都店は他の店舗同様、ケーブルが付いていた。
壁際にiPhoneケースも展示されており、実際に自分のiPhoneに装着できるようになっている。
これが新宿店の様に、展示機のiPhoneがケーブルレスであると、展示機のiPhoneをケースに装着できるようになっている。これはiPhone本体を買う前の人にとってはありがたいので、少し残念である。


PRODUCT REDも展示されている

 

2階への階段はApple本社と同じ素材が使われているという事で、手すりを触ってみたが、ひんやりとしていた。硬さも感じられた。

 

2階に上がると、ジーニアスバーなどに使う横長のテーブルが設置されていた。
壁も和風となっている。


2階の壁側

 

Apple 京都のある四条から京都駅までは、徒歩で30分程で着くので、余裕があれば帰りは京都の街並みを観ながら歩いてみても良いかもしれない。
以下、Apple 京都以外の写真。


大丸

 

ヨドバシカメラ

 


帰りの電車からは任天堂の本社らしき建物が見えた

 

 

Twitterはこちら