ヤマダ電機で25歳以下でiPhone 7が一括0円〜機種変更でも従来型ケータイ16ヶ月以上利用で一括27,000円

ヤマダ電機において、auのiPhone 7の32GBが25歳以下の場合、一括0円となっている事を確認した。
期間は6/30(日)まで。

内訳は以下。

・機種代金:64,800円
・初スマホ応援プログラム:▲37,800円
・店舗独自割引:▲27,000円

初スマホ応援プログラム(auの公式サイトでは「初スマホ割」)の条件は、

・他社ケータイからお乗り換え(MNP)・auケータイ(16カ月目以上ご利用)から機種変更・25歳以下の方の新規契約(MNP含む)いずれか

・対象のauスマートフォン(4G LTE)を「au購入サポート」でご購入時に「新auピタットプラン/auピタットプラン(2019年6月末新規受付終了)/auピタットプラン(s)」+「2年契約~・2年契約(自動更新なし)・スマイルハート割引いずれか」にご加入

初スマホ割|au

となるため、今回の一括0円は「25歳以下が新規契約した場合」に限られる。関係ないが、他社ケータイからのMNPの場合、他社のケータイを利用しているという確認はどう取るのだろうか。契約状況でも見るのだろうか。

機種変更の場合は「auケータイを16ヶ月以上利用」という条件が付くが、一括27,000円となる。こちらも初スマホ応援プログラム(初スマホ割)で37,800円割引される。

加入プランは6月から新auピタットプラン/auピタットプラン(s)も対象となっている。
auピタットプラン(s)は「ケータイ→auスマホ割(s)」に加入した人だけが加入できるプランのようだ。
auのスマホを月額980円から利用できる 「ケータイ→auスマホ割(s)」提供開始|au

注意が必要なのは、「au購入サポート」での購入となるため、12ヶ月以内の解約や機種変更などは解除料が発生する。
iPhone 7の32GBの場合、1ヶ月目の解除料は17,500円、12ヶ月目は9,470円となる。契約月数に応じて700円程減額していく仕組みとなる。

対象条件に合致して、とにかく機種代金を安く済ませたい人は、3年前の機種ではあるが、検討してみても良いのではないだろうか。

 

Twitterはこちら

ヤマダ電機で25歳以下でiPhone 7が一括0円〜機種変更でも従来型ケータイ16ヶ月以上利用で一括27,000円” に対して1件のコメントがあります。

  1. samba328 より:

    2019年4〜5月に契約した際の経験に基づくと、auへのMNPの場合は全く確認しません。
    一応、FOMAの古い端末へSIMを仕込んで架電できる状態で持参しましたが、「その端末がMNPする対象の番号なのか」すら確認されることはありませんでした。
    そのまま店頭で古い端末を下取りをしてもらう場合は色々あるかもしれませんが、郵送下取りで申し込んでしまえば契約当日に端末はおろか、SIMを持って行く必要もありません。
    郵送下取りは中止したければ端末を送らなければ良いだけなので、下取り予定がなくても申し込んでおけば色々と融通が利きます。

    ただし、docomoへのガラケーMNPでは持参した端末の画面上で対象電話番号の確認が行われるので、準備不足で突撃すると追い返されます。(ユルイのはauだけです)

    最後になりましたが、MNPする際は掲載情報を大いに活用させていただきました。ありがとうございました。

    1. SMB より:

      詳細な情報の提供ありがとうございました。

この投稿はコメントできません。