auが「auひかりスタートサポート」で他社からの契約解除料相当額をauが負担に〜さらに最大10,260円還元も

auは、「auひかりスタートサポート」で他社からの契約解除料相当額をauが負担している。

auひかりスタートサポート ホーム(2018年3月1日以降に新規ご加入の方)|au

特徴として、1つ目に「他社サービスの解約違約金相当額を還元」がある。
条件は、

・他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信端末から「auひかり ホーム ずっとギガ得プランのネット+電話+電話オプションパックEX」に新規ご加入
・36カ月以上の継続利用をお約束

となる。他社モバイルデータ通信端末の場合、NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルが提供するモバイルデータ通信端末が対象となる。
還元額は最大30,000円となり、対象プロバイダにより金額は異なる。

・@nifty、@T COM、au one net、BIGLOBE、So-net:最大30,000円
・ASAHIネット、DTI:最大15,000円

 

36ヶ月以上の利用も条件となり、期間内の解約などは10,000円(税抜)の解除料が発生する。ただし、申請時点でauスマートバリューご加入、または他社違約金相当額が10,000円以下の場合は発生しない。

 

2つ目の特徴として、「auスマートバリューに新規お申し込みで他社携帯電話の解約違約金相当額を還元」がある。
新規加入のauひかりとスマートバリュー新規申し込みで他社携帯電話の解約違約金相当額をau WALLET 残高へ、au回線1契約につき10,260円チャージ(入金)にて還元となる。
au回線を2年契約+指定の料金プラン加入も必要となる(フラット系プラン)。新auピタットプラン、auピタットプラン(s)の場合は、5,000円チャージとなってしまうようだ。

ヨドバシカメラの店頭でも確認できている。

現在、指定のスマートフォンにMNPすれば、さらに最大60,000円還元も受けられると思われる(一部適用条件が重複しているので実際には最大50,000円還元かもしれない)

auひかりもセットで検討している人は良い機会なのではないだろうか。

 

Twitterはこちら