【8/6(火)〜8/12(月)】ポケモンGOの横浜イベントの前に準備しておきたいスマートフォンアクセサリ〜モバイルバッテリー、ケーブルなど

8/6(火)〜8/12(月)において、横浜でポケモンGOのイベント「Pokémon GO Fest Yokohama 2019」が開催される。

Pokémon GO Fest Yokohama 2019

既に抽選も終わったのでもう応募はできないが、当選した人は参加予定日までにしっかりゲーム周りに必要となる物の準備をしておきたい。

昨年の横須賀イベントの際も書いたのだが、今回も紹介しておきたい。

 

スマートフォン

忘れる事はないと思うが、これがないと始まらない。ただ、開催時間が午前10時から午後5時までという事なので、できればもう1台サブでポケモンGO専用として持っていきたい。メインのスマートフォンは会場までの移動や帰宅にも使用して多少なりともバッテリーも消耗するはずである。メイン端末充電中の間の代わりとして使ったりするのが良いだろう。

なお、イベント会場はかなりの混雑が予想されるため、MVNOのSIMカードよりMNO(大手キャリア)のSIMカードで通信した方が安心だと思われる。
流石に今回は通信を3Gに固定したりして使用する必要などはないだろう。個人的に一昨年の横浜イベントはドコモが繋がりにくかったので3G通信に変えたりもしていたが、昨年の横須賀イベントは4Gのままでも特に問題なかった。

バッテリーの心配をするのならば、本体サイズは大きくなるが思い切ってセルラーのタブレットを持っていくという手もある。iPad mini(第5世代)のセルラーモデルなどは性能も高いので快適にプレイできるだろう。Androidのタブレットの場合、性能が低いものもあるので選択には注意したい。
タブレットを利用している人は、街中でレイドバトルがある時たまに見る事がある。

期間は短いがAmazonでのスマートフォンの購入は以下から。もちろんスペックが高い機種程快適に使えると思うが、懐具合との相談になる。

スマートフォン|Amazon

 

モバイルバッテリー

スマートフォンを複数持っていくのであれば、無理に持っていく必要はないと思うが、安心を得るのであれば、1つは持って行った方が良いだろう。最近のスマートフォンのバッテリー容量を考えると、最低でも5000mAh以上の物が欲しい。また、最近のiPhone・Androidであれば、余裕があればUSB-Cポート付き、Power Delivery(PD)対応のモバイルバッテリーが欲しいところだ(iPhoneの場合はLightning – USB-Cケーブルが必要)。充電も従来より速くなるからだ。
また、充電しながらの利用は本体が熱くなるので止めておいた方が良いだろう。使いながら充電してもバッテリーがあまり増えないだろう。今年は今の所あまり暑くないが、8月に入ればそれなりに暑くなると思われる。もう1台スマートフォンがあると便利だろう。
充電ポートは行き帰りの事まで考えると2ポートは欲しいが、スマートフォンを2台以上持っていき、ゲームにだけ利用するのであれば1ポートのものでも良いのではないだろうか。
荷物が増えるのが嫌であれば、本体サイズが大型化してしまう欠点はあるが、ケース一体型のバッテリーケースを使うのも良いだろう。

Amazonでのモバイルバッテリーの購入は以下から。
モバイルバッテリー|Amazon

 

ケーブル・変換アダプタ

モバイルバッテリーに直で繋がっているタイプもあるが、そうでない場合やiPhoneとAndroidを一緒に持っていく場合は、ケーブルまたは変換アダプタも忘れずに持っていきたい。
AndroidはmicroUSBケーブルとUSB-Cケーブルがあるので、持っていくケーブルを間違えないようにしたい。
スマートフォンを複数機種持っていく場合、iPhoneはiPhoneシリーズのみ、AndroidはUSB-C機種のみなどにまとめると、持っていくケーブルやアダプタの種類は減るだろう。

Amazonでのケーブルの購入は以下から。
スマートフォン 充電ケーブル|Amazon

Amazonでの変換アダプタの購入は以下から。
スマートフォン 変換アダプタ

 

イベント参加予定で足りない物がある人は、当日までに備えてみてはどうだろうか。

Anker製品の購入は以下から。
Anker|Amazon

アップル純正アクセサリの購入は以下から。
Appleアクセサリ|Amazon

Anke公式オンラインストアでの購入は以下から。

 

楽天での購入は以下から。

 

Yahoo!ショッピングでの購入は以下から。

 

当たり前の事だが、参加当日は使うスマートフォンの充電がフル充電されている事、モバイルバッテリーやケーブルなどを忘れないようにしたい。

最後に一般的な話となるが、2017年の横浜イベントでは近隣のコンビニから飲み物がなくなっていたので、飲み物は最初の1本くらいは自分で前もって買っておいてから参加したいところだ(途中で買い足したくはなるだろうが)。
また、気温によっては炎天下にさらされる可能性もあるので、帽子も忘れないようにしたい。

会場はJRの関内駅や桜木町駅からだと15分〜20分程歩く事になるので注意したい。みなとみらい線を使えば最寄りの会場の駅から5分前後で到着できるようだ。

 

Twitterはこちら