au版AQUOS zero2 SHV47の実機を少し見てきた、カタログもあり〜ストレージやメモリ、ノッチ非表示も確認

先日、auから発売予定のAQUOS zero2 SHV47の実機が展示されていたので、少し見てきた。
一部の店頭では既に実機が置かれている。


カラーはブラックとホワイトの2色

 


はじめからAndroid 10がインストールされている

 


ノッチの非表示も可能となっている。Android 10から標準搭載のダークモードも利用可能

 


画質設定

 


AQUOS便利機能にゲーム設定があり4倍速表示の「ハイレスポンスモード」の設定があった

 


操作はジェスチャー操作にも対応する。画面端がラウンドしておりエッジスワイプにはやや違和感があった。従来の3ボタンにも変更可能。Android 9にあった2ボタン操作は非対応となる

 

Snapdragon 855、ストレージは256GBでUFS 3.0、メモリは8GB、ドルビービジョン/アトモス、240Hzリフレッシュレート、画面内指紋認証、デュアルバンドGPS(L1+L5)対応と、国内メーカー(厳密には違うのだろうが)としては中々ハイスペックとなる。

自慢の本体重量も発表時は143gだったが141gと2gの軽量化を実現した。

 


参考までにストレージは256GB中23.5GB程、メモリは8GB中3.8GB程使用中であった

 

 
YouTubeは1080pのHDR再生に対応する。動画は画面いっぱいまで広げる事もできる(画面はいずれもドコモ版)

 

既にカタログも置かれている店舗もあるので興味のある人は店頭に立ち寄ってみてはどうだろうか。

 

 

なお、ドコモ版は1/17(金)よりオンラインショップで予約受付が開始されており、モックや価格も出始めている。
一部店舗では以前から実機が展示されている。

ドコモスマートフォンラウンジ名古屋でAQUOS zero2や5G通信可能なXperia/Galaxy/LGスマホの実機が展示中

 


モックは実際の重量と同等と書かれている。重量は141gだ

AQUOS zero2 SH-01M|ドコモオンラインショップ

ソフトバンクからも発売予定であり、前作はソフトバンクのみの取り扱いであったが、今回めでたく大手3キャリアから購入できるようになった。

また、今後SIMフリー版も登場するのではないかと思われる。

 

 

Twitterはこちら