auショップでもオンライン専用20GB月額2,480円からの新プラン「povo」の案内がされている事を確認

先日のドコモの「ahamo」に続き、auでもデータ容量20GBの月額2,480円からの新プラン「povo」が発表された。
3月に提供予定となっている。

povo

 

ahamo同様、こちらも変更や加入はオンライン手続き専用となっている。しかし、これまたahamoの時のドコモショップと同様に、auショップで店前に案内がされている事を確認した。

ahamoの時は相談に乗って、サービス開始まではギガライトやギガホなどに料金プランを変更してもらう事で、ショップ側にもメリットがあるような記事を見た記憶がある。

auもショップで同様の事をやろうとしているのだろうか。

壁や入り口に案内が貼られていると、QRコードで詳細な案内が確認できるとしても、聞いてくる人もいるだろう。




なお、某大臣がご立腹のpovoだが、データ容量は20GBと他社と同様ながら500円安いのは、5分間通話かけ放題がオプション扱いとなっているからだ(他社はセット)。通話機能を使わない、LINEなどの無料通話アプリで代用する人は、セットになっていない方が総額が安くなって良いだろう。

一部で月額2,480円の場合はデータ専用プランだと思っている人がいたようだが、通話機能自体はある(従量制)。5分間通話かけ放題オプションが予めセットになっていないだけである。

また、中には5分通話無料込みで月額2,980円で大きく案内して、5分間通話かけ放題を外せば2,480円にした方が良いのではないかという人も一部にいるようだが、オプションを外して安くなるより、必要ならオプションを足していく方が、見せ方としてはスッキリしているのではないだろうか。
auもpovoでは「トッピング」という発想を用いている。

結局横並び感はあるが、ここまで料金が下がれば、大手は3社しかないので似通ってしまうのは仕方ないだろう。しかし比較もしやすいだろう(サービス内容は各社微妙に異なっている)。
逆にそれぞれが違う事をやれば比較がしにくく、またしても複雑だ、分かりにくいという続出するだろう。

MVNOでも突飛な料金プランを作れば比較表に載せてもらえなくなると、担当者インタビューの記事を見た事がある。

とはいえこれで、各社オンライン専用プランは似たような価格帯となったので、いきなりMNPを考える前に、まずは現在利用のキャリアで既存料金プラン(これから改定もあるようだが)含めて、本当に今回のプランで安くなるのか検討してみた方が良いのではないだろうか。家族で利用していたりする場合は既存プランでは割引があるので、また変わってくるかもしれない。特に旧料金プランの人はよく検討しておきたい。

MNPの検討はその後でも遅くはないだろう。

しかし、あれこれ総務省が口出しする度に料金プランが変更になるが(auとソフトバンクは提供開始前のプランが無かった事になっている)、度重なる発表に、あまり興味のない人たちは付いていけているのだろうか。

そろそろコロコロ変わるのはやめた方が良いとも感じている。



Twitterはこちら