何故かドコモショップでオンラインのみ受付のahamoの案内がされている事を確認

同日にiPhone XRの大特価を紹介したが、その時に、先日発表された2021年3月から提供開始の20GBで2,980円/月のahamo(アハモ)の案内が、何故か店頭でもされている事を確認した。

 

いつから出ていたのかは不明だが、「詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください」とまで書かれている。

ahamoはオンラインのみの受付であり、それを知らない一部の契約者(主にウェブに不慣れな層)が殺到すると店舗スタッフの業務に支障が出るのではないかとも危惧されていた。
ショップがahamoを紹介しても、ショップの収益にもならないと言われている(店舗を介さないので人件費を削減できたから今回の料金を実現できたとも言われている)。

ahamo発表の日に、ドコモの社長は店頭に尋ねてきても追い返すような事はしないと答えていたが、その辺りの話がショップ側とまとまったのだろうか(案内を出すのは店舗単独の判断ではなうようには思えるが)。

――新プランについて、20代向けとはいえ年齢制限を設けないようだが、シニア層がドコモショップに「ahamo」に切り替えたいと駆け込んできた場合、断ることができるのか。

井伊社長
 なるべく人と関わらずに手続きできる料金プランとなるため、手続きはオンラインのみに限定する。
 ただし、オンラインで手続きできないユーザーを「だめです」と断るわけにはいかないので、何らかの対応が必要になると考える。対応は今後検討していきたい。

ドコモの20代向け新プラン「ahamo」、井伊社長「20代のライフスタイルにあわせたプラン」|ケータイWatch




それとも既に店頭に客が殺到しており、案内を出さない事には仕方なくなってしまったのだろうか。

案内には先行エントリーでdポイント3,000ポイントプレゼントとあるが、別にドコモショップでなくてもオンラインで自分でやればプレゼントの対象となる。

ahamo

 

店頭からでも申し込めるようになったのかは不明であるが、何かの用でドコモショップへ行く予定がある人は手続きついでに聞いてみてはどうだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください