ドコモがデータ20GB/5分間通話無料で月額料金2,980円、複雑な条件なしのWEBのみ受付の新料金プラン「ahamo」を2021年3月に提供開始、先行エントリーでポイント還元〜キャリアアメールは提供せず

ドコモは12/3(木)に20GBのデータ容量を月額2,980円で利用できる新料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供する。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表|NTTドコモ

ahamo

20GBが利用できる他、


・利用可能データ容量超過後速度は送受信時最大1Mbps
・1GBあたり500円で利用可能データ容量が追加可能
・20GBは海外82の国々・地域で追加料金なく利用可能・1回あたり5分以内の国内通話無料
・かけ放題オプションは月額1,000円
・「新規契約事務手数料」、「機種変更手数料」、「MNP転出手数料」が無料


などが特徴となる。
その他にも分かり次第追記したい。

複雑な条件も手数料も発生しないのもポイントだ。
しかし割引で安くなる事もないのは頭に入れておきたい。

申し込みはオンライン(WEB)のみとなっている。この価格が実現できた理由の1つなのだろうか。
当初はドコモショップ店頭で申し込もうとする人が続出して、店員の負担にならない事を願いたいばかりだ。

注意が必要なのは、「キャリアメールの提供はございません。」とされている点だ。利用者が減っているのであまり問題ないのだろうが、メッセージR/Sも利用できなくなると思うので、お得な情報などももらえなくなる点はやや残念ではある。

また、4Gネットワークだけでなく5Gネットワークにも対応しているが、3G(FOMA)対応については記載がない。

 




専用アプリも用意される予定で、そこから利用状況や契約後の手続きも行えるようだ。My docomoとの連携はどのようになっているかも気になる所だ。

 

先行エントリーで3,000ポイント進呈

現在提供開始までは先行エントリーでdポイント3,000ポイントがもらえるキャンペーンも行われる。

ahamo

期間は12/3(木)からahamo提供開始前日までとなる。
提供開始日から2021年5/31(月)まで契約している必要がある。

ドコモ利用者は、システムの関係でMNPと同じ手続きが必要になるとの事だが、手数料や解約金の負担はないとの事だ。
シェアパックの子回線からの変更などにもしっかり対応しているのか、やや気になる。
一旦現行プランに切り替えてからでないといけないなどだとやや面倒だ。

SNSでジャーナリストやライターが言っていたが、元々サブブランドで出したかったという思惑もあったように見える(大臣がauやソフトバンクに不満を漏らしたため)。
当初はSIMカード変更が必要になったりするのだろうか。

 

提供は3月からであり、現行の料金プランについても12月中に見直して発表されるようなので、急ぐ必要もないとは思うが、今回ドコモが一般の人々が思うような値下げ対応(正確には料金プラン追加だが)を、割と正直に行ってきたのが意外であった(本当は契約中の料金プランをそのまま値下げされれば契約者にとっては一番良いのだろうが)。
先行対応したauやソフトバンクはサブブランドでの対応だった。

恐らくこれでも分かりにくいだの、何かしら文句は出てくるものと思われるが、ひとまずは歓迎すべきだろう。




「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした」とあり、若者アピールされているが、誰でも加入できる。

 

 

Twitterはこちら