au版Xperia 1 Ⅲ/10 Ⅲのモックが展示されている事を確認〜少し見てきた

先日店頭において、auから6月中旬以降発売予定のXperia 1 Ⅲ SOG03とXperia 10 Ⅲ SOG04のモックが展示されていた。

Xperia 1 Ⅲ、ドコモ/au/ソフトバンクからも販売、メモリ12GB/ストレージ256GB/ミリ波/ポップアップ表示/おすそわけ充電にも対応

少し見てきたので、簡単に紹介。その内auショップや家電量販店の多くでも目にするようになるのではないだろうか。
まずはXperia 1 Ⅲから。

 

以下はフロストパープル。

フロストパープルは、単体でみると黒にも見える程の色合いだった。
フラグシップの1シリーズとしては側面に新たにショートカットキーなのかGoogleアシスタントキーなのかが追加されている。
機能を割り振りできれば良いのだが、現時点ではよく分からない。

シャッターキーは凹凸が付けられていた。



続いて、フロストブラック。

フロストブラックは、これまではSIMフリーのXperia 1 Ⅱのみの特別色であったのだが、好評だったのかデザインの違いを出したかったのかは知らないが、今回より正式にラインナップされた。auではパープルとブラックの2色しか取り扱いがないが、元々3色(残りはフロストグレー)用意されており、全てにフロストという名称が付けられている。

 

書くのをすっかり忘れていたが、以前auの直営店において、実機が先行展示されていたので見てきた。先日も足を運んでみたところ、現在展示していないと言われた(緊急事態宣言の影響だったのだろうか)。現在はもしかしたら再開しているかもしれないので、興味のある人は覗いてみてはどうだろうか。

なお、実機はケースに入っており、スタッフに伝えると開けてくれる少々厳かな感じだ。セキュリティ対策や感染症対策もあるのだろうが、少々スタッフの目を気にしながら触るという感じであった(別に横にべっとり付かれている訳ではなかったが)。
戻す時もスタッフに一声掛ける必要があった。

気になった部分を記憶の限り思い出してみると(違っている部分や今後変更になる部分もあるかもしれないが)、

・カメラモードがPhoto Proに統合。以前のカメラモードがBASICモードとして、Photo Pro内から起動可能(右上に切り替えボタンがあった気がする)
・シャッターキーは1 Ⅱより若干小さくなっていた気がする
・新機能のポップアップウィンドウはタスク画面からアプリアイコンタップまたはタスク画面時の画面下部にスクリーンショットボタンの右側に並んでいた
・ポップアップウィンドウは画面内を自由に移動可能。最小化も可能(アイコンになった気がした)。画面の広げ方がいまいちいまいち分かり辛かった
・サイドセンスはバー表示のみ。画面端ダブルタップ方式は見当たらなかった
・カメラのズーム選択がGalaxyシリーズのようになっていた(倍率選択ボタンがいくつか存在)



・ワイヤレスのおすそ分け充電の項目が見つけられなかった(電池の項目も確認したのだが)

・ソニー純正のミュージックアプリはプリインストールされていたが、POBox Plus、アルバムアプリは今回もインストールされていなかった

・背面のカメラユニットは1 Ⅱより若干大きくなっていた。そのせいで、本体サイズはそれほど変わらなくとも1 Ⅱの純正カバーは装着できないと思われる

 

 

続いて、Xperia 10 Ⅲ。ブルーだけ確認。

 

今回はまだなかったが、近い内にカタログも置かれるのではないだろうか。もちろん実機展示にも期待したい。
銀座以外のauの直営店やソニーストアでの先行展示にも期待したいが、現在ソニーストアは銀座と大阪は、

新型コロナウイルス感染症拡大防止・予防対策として、
・ソニーストア 銀座は2021年5月12日(水)から当面の間、予約制にて営業をいたします。
・ソニーストア 大阪は2021年4月25日(日)から当面の間、臨時休業といたします。
休業期間中も電話とオンラインでの購入相談を実施しております。

ソニーショールーム/ソニーストア 店舗のご案内



 

となっている。

実機をじっくり触れる機会があればまた紹介したい。

※カタログも確認(5/15(土)追記)
家電量販店でau版Xperia 1 Ⅲ/10 Ⅲのカタログが置かれている事を確認

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください