ドコモショップで一部特価機種の販売方針の案内を確認、利用実績のない回線は値引き対象外など

一部のドコモショップにおいて、以前より特価販売されている機種(iPhoneなどだと思われる)に関して、販売方針が案内されている事を確認した。

※3月も案内がある店舗を確認

※2月も案内がある店舗はあるのを確認


・一部の特価商品については、ご利用者お一人につき一台のみの購入とさせて頂きます。

・毎月のデータ量のご利用実績のない回線は当店独自値引きの対象外となります。

・本体の正常動作を確認するため、原則として電源起動と発着信テストをお客様とご一緒に実施させて頂きます。

・その他お客様のご申告内容によって、当店が不適切と判断した場合はご購入をお断りする場合がございます。


以前より1人1台限りなどの記載は特価案内の下に小さく書かれていたが、方針としてはっきり案内されているのは初めて確認した。

いずれも本当に必要としている人が買えないような状況をなくすための措置であり、悪質な転売や買い回りが見られる場合は、購入を今後固く断るとも書かれている。




全ての店舗がそうではないだろうが、家電量販店同様、ドコモショップでもこの様な状況になりつつあったのだろうか。
誰かが然るべき場所に報告した結果なのだろうか。

上記の方針に引っ掛かった場合、単に値引きが適用されないだけで購入自体は可能な場合もあるが、程度によっては購入自体がお断りとなる。

家電量販店でも以前より割引価格での購入は1人1台限り、転売と見られる場合は購入不可、購入時に袋や箱の開封、電源確認を行う案内をしている店舗が増えている。

 

個人的には毎月のデータ量まで確認するといった所にまで踏み込むのは少し驚いた。主にMNPでの特価対策なのだろうが、転出元回線の直近の利用実績を確認できるものを用意しないといけないのだろうか(My◯◯のアプリなど)。

回線契約不要でも適用される独自値引きの場合は、機種変更でも割引が適用されるので、機種変更の場合も確認されるのではないだろうか(これは店舗側も確認しやすいだろう)。

では、新規契約の場合はどうなるのだろうか。適当に手持ちのスマホの回線の実績でも確認するのだろうか。また、本当にスマホを持っていない場合などはどうなるのだろうか。

一体どの程度利用していたら問題ないのか、基準がどの辺りにあるのか気になる所だ。ギガライトやピタットプランなどの最低ステップ未満や、MVNOの1GBプランで1GB未満の利用は大丈夫だったりするのだろうか。

データ通信の利用が数ヶ月全くないなど、いわゆる寝かせ回線は完全にアウトなのだろうが。




以前より行われている2万円を超える割引であるが、今後も注意書きが増えるのであれば、いずれ終了となってしまう可能性もあるかもしれない。
また、店員との露骨な化かし合いなども同様だ(特に端末単体購入の場合など)。

販売側に対しても言いたいことはあるとは思うが、現在の様な特価販売が継続される(継続して欲しい場合)には、客側もよりスマートな対応が求められるのではないだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください