ドコモ回線をウルトラパックからベーシックパックに変更した〜適用は翌月から

先日、ドコモで契約しているドコモのウルトラデータLパックを、ベーシックパックへ変更手続きを行った。
現在ドコモは2回線契約しており、2台目プラスを組んでいる。
適用は翌月からとなる。なお、プラン変更をまたぐ余ったデータ量の繰越はできない。
ベーシックパック自体にも余ったデータの繰越という概念はない。

ドコモ光も契約しているため、これまでの契約より割引額は減る形となる。あまり使わなければ、それでも安く済むが、契約年数が15年超のため、中途半端に使ってしまうとウルトラデータLパックの金額とさほど変わらなくなってくる。

今回心配していたのが月々サポートの減額だ。契約回線の1つがiPhone 7 Plusで、ドコモがまだ低用量のパケットプランだと月々サポートから400円程減額していた時期に契約していたものだった。
この制度は2017年の4月契約分から廃止されたようだ。しかし2017年の3月にiPhone7 Plusを契約したはずなので、その辺りを問い合わせてみた所、「ベーシックパックでもお客様は月々サポートが減額されるような事は特にない」と言われた。

確かに減額する制度が存在していた時に契約したはずなのだが、減額はないようだ。
とりあえずは一安心といった所だ。

ベーシックパック・ベーシックシェアパック

Twitterはこちら