家電量販店でのソフトバンクのHUAWEI Mate 10 ProのMNP一括0円も7/31(火)まで

P20 Proや P20 liteで賑わっているファーウェイ端末だが、ソフトバンクではMate 10 Proが家電量販店において、発売日からMNPで一括0円(1円)で販売されている。期限は一応7/31(火)までとされている。ただ、延長もあり得るだろう。

一括0円といっても一括購入割引が適用されるため、指定期間内の解約、指定プラン以外への変更は解除料が発生する。ドコモでいう端末購入サポートのようなものだ。以下、参照。

一括購入割引(HUAWEI Mate 10 Pro)

簡単に言うと約2年縛られる。1ヶ月で解除は82,800円、2ヶ月目から23ヶ月目までは82,800円から「3,600円×購入後の端末利用月数」を減額した金額が請求される。

ソフトバンクを使い続けても特に困らない、先に発売されているSIMフリー版には特に興味がない人などは一応安く買えるので良いかもしれない。
SIMフリー版の発売自体は2017年の12月だが、ProでないP20と比較し、ディスプレイやRAMで一部上回る性能を誇っており、普段使いするにはまだまだ十分過ぎる程のスペックである。


ビックカメラ以外にもヨドバシやヤマダでも行われている

Twitterはこちら