【注意】ドコモのギガホ60GB増量キャンペーンが5/1(金)から2019年10月以降のギガホ(ギガホ2)のみ対象に〜ただし2年契約の場合はプラン変更後も解除料が更新月までは9,500円の場合も

ドコモは1/1(水)からギガホ契約者のデータ容量30GBをさらに30GB増量し、60GB利用できる「ギガホ増量キャンペーン」を行ってきたが、4/30(木)に終了すると案内した。

そして5/1(金)から新たに「ギガホ増量キャンペーン2」をスタートさせる。

ギガホ増量キャンペーン2|NTTドコモ

容量はこれまで通り60GBが利用できるが、対象のプランが2019年10/1(火)から開始された、2年契約の解除料が1,000円(dカード払いに設定すれば解除料0円)のギガホのみとなっている。
この10月以降に提供されているギガホは、My docomoなどの「ギガホ2」と表記されている(ギガライトは「ギガライト2」)。

なので、2019年9/30(月)までに提供されていたギガホ契約者は、今回の2019年10/1(火)から開始されたギガホ(以下、こちらをギガホ2とする)に変更すれば、引き続き利用できる。

しかし、注意が必要なのは、ギガホに限らず、それまで2年契約(定期契約)で9,500円解除料が発生するプランに加入していた場合、ギガホ2に変更してもすぐに解除料は1,000円にならない。変更後も2年契約の更新月の期間は維持され、更新月を迎えるまで変更前のプランの解除料が適用される。
この辺りは以前も紹介している。

ドコモの2年契約解除料1,000円の新料金プラン、旧料金プランの2年契約適用者の変更は無料だが、最初の更新月までは移行前の料金プランの解除料が適用に

なお、プラン変更の際に解除料は発生せず、保留扱いとなる。

なので、現在2年契約で解除料9,500円で契約していて、5/1(金)からギガホ2変更した時点で、2年契約の更新月まで残り1年程ある場合、変更後に2年契約の解除料が1,000円になったと思って7月や8月に解約やMNPなどしてしまうとギガホ2変更前の9,500円の解除料が発生してしまう事になる。

 

ちなみにauの場合、2年契約で解除料9,500円のプランから、解除料1,000円の「2年契約N」に対応した料金プランに変更すれば、その時点で解除料が1,000円となる。多くの人がイメージする適用方法だろう。

おそらくまだまだ多くの人が2年契約で解除料9,500円のプランであると思われるので、MNPなどを考えている人は注意したい。
もちろん現在既にギガホ2加入中や、契約中のプランが2年契約でない場合、これからもドコモを使い続けるので解約などするつもりはないという場合は関係ない。

 

 

Twitterはこちら