Google Pixel 3/3 XLが11/1(木)にドコモからも販売、本体価格も発表〜待てるなら機種変更実質0円に期待

Googleが発表した国内では3年振りとなるGoogle製のスマートフォン、Pixel 3/3 XLがGoogleの公式ストアの他、ドコモやソフトバンクでも販売される事が発表された。

ドコモでは既に発売日と機種代金も公式サイトで発表されている。予約は10/19(金)10:00からとなる。
両モデルともGoogleの公式ストアでは64GB/128GBと取り扱いがあるが、ドコモでは1機種1容量のみの取り扱いのようだ。
Googleの公式ストアの価格を参考にすると、Pixel 3は64GBのみ、Pixel 3 XL128GBのみとなりそうだ。
ニュースサイトではドコモの取り扱い容量が記載されていたが、ドコモのサイトでは取り扱い容量までは見当たらなかった。

◆発売
11/1(木)
◆Pixel 3(64GBのみ)
機種代金:98,496円
月々サポート(新規/機種変更):41,472円(1,728円/月)
月々サポート(MNP):66,096円(2,754円/月)
◆Pixel 3 XL(128GBのみ)
機種代金:131,544円円
月々サポート(新規/機種変更):40,824円(1,701円/月)
月々サポート(MNP):65,664円(2,736円/月)

※ドコモオンラインショップでは新規とMNPは5,184円引きとなる

カラーはダークブラック/クリアリーホワイト/ノットピンクの3色が用意されているが、Pixel 3 XLはピンクは取り扱われないようだ。Pixel 3は3色から選択できる。
今回GoogleストアのSIMフリー版との価格差は、iPhone XSシリーズ程大きな差はないのが良心的だ。
ちなみにGoogleストアでは、Pixel 3の64GBが95,000円、Pixel 3 XLの128GBが131,000円となる。

Pixelシリーズは今回国内初登場となり、Nexus 5X/6P以来のGoogleが関わったスマートフォンである。これまでNexusシリーズは、開発者向けのお手本となる、いわゆるリファレンスモデルという側面もあったが、Pixelシリーズに関してはGoogle製のスマートフォンという位置付けらしく、Pixelだけの仕様というものもありそうだ。とはいえ、アプリ開発者にとっては現状は実質リファレンスモデルとなりそうだ。

また、ドコモの公式サイトを見ると、iPhoneのように独立したカテゴリーとして扱われているのが意外であった。


ドコモスマートフォンのカテゴリーに入っていない。おそらく「◯-01L」のような型番も与えられないのだろう

ドコモではNexus 5Xを取り扱った時には、ドコモの純正アプリはインストールされていなかった。ドコモメールのアプリすらなく、自分で他のメールアプリから設定する必要があった(マルチデバイスには対応)。

今回もドコモメール 含むドコモ純正コンテンツのアプリはほとんどないかもしれない。対応しないコンテンツなどもあるかもしれない。
なお、ドコモやソフトバンク販売のPixelはSIMロックされて販売される。

Nexus 5X同様、ドコモショップで色々聞かないと困るような使い方をしている人は、あまりおすすめできない機種となりそうだ。販売店側も積極的に売り辛い機種とも言えそうだ。

そのような事もあってか、Nexus 5Xでも販売末期にはMNPの端末購入サポートで一括648円や、機種変更での月々サポートが3,800円程/月まで増額していた記憶がある。

興味はあるがしばらく待てるのならば、家電量販店で機種変更実質0円やMNP一括0円などが期待できるのではないかと思っている。
もっともNexus 5Xの教訓から、販売数が少なかったり、安売りするとよく分かってない人まで購入しようとしていく可能性もあるので、高止まりも考えれるそうではあるが。

Twitterはこちら