11/30(金)発売のHUAWEI Mate 20 liteの実機が展示されていたのでストレージとメモリとノッチを見てきた〜カタログもあり

先日発表された、11/30(金)発売予定のHUAWEI Mate 20 liteの実機が展示されていたので、ストレージとメモリとノッチを見てきた。
今回じっくり触れなかったので、何か気付いた事があれば後日また紹介したい。


nova 3同様、スペックが記載された待受画面が表示されている。Mate 10 lite同様、内側も外側もデュアルカメラである


ストレージ。64GB中50GB程利用できる


メモリ。4GB中1.5GB程空いていた


端末情報。EMUIは8.2、Androidバージョンは8.1、型番はSNE-LX2、セキュリティパッチは2018/10/1

 
ノッチの表示と非表示。画面の角はP20シリーズより丸みが増している印象だ


ナビゲーションボタンはP20シリーズ同様、棒状のタイプに変更できる


ビックカメラで既に案内もされていた。価格は39,800円


カタログも既に置いてあったので取ってきた。DSDV対応だがau VoLTEは後日アップデートで対応する。超急速充電ではない方の急速充電に対応したアダプタが同梱する

その他、「FOMA SIMカード (3G通信のみのSIM) には、対応しておりません」とあるので、一部の節約志向の人は注意が必要だ。
Mate 10 liteでは非対応だったWi-Fiの5GHz帯にも対応した。

持ってみた感じは、少し厚みを感じたが厚みは約7.6mmと、SIMフリーのP20は約7.65mmなので、自分の勘違いなのかもしれない。
また、じっくり確認していないがレスポンスもKirin 710ではあるものの、もたつきなどはそこまで感じなかった。
重いアプリなどを使えばまた実感するのかもしれないが。

個人的には価格の面からP20 liteの方がまだまだ売れるのではないかと思っている。

公式サイトのスペックは以下。

HUAWEI Mate 20 lite スペック

なお、11/28(水)にもファーウェイ・ジャパンから新製品発表がTwitterで予告されている。発表機種はMate 20 Proなどが予想される。
ファーウェイ、11/28(水)に国内(東京)で新製品発表か〜Mate 20 Proなど発表か

 

 

 

 

 

Twitterはこちら