アップルがiPhone 14 Proと14 Pro Maxを発表/14.9万円から/ノッチからダイナミックアイランドに変更/48MPカメラ搭載〜9/16(金)発売

アップルは、日本時間の9/8(木)に新型iPhoneのiPhone 14シリーズを発表した。

 

iPhone 14 Pro|Apple

 

ラインナップはiPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Maxで、これまで2代に渡ってラインナップされていたminiは消滅した。

ここでは14 Proシリーズについて紹介したい。

アップルのオンラインでは9/9(金)21時から予約注文開始で、9/16(金)発売となる。

カラーは、スペースブラック/ゴールド/シルバー/ディープパープルの4色となる。
ディープパープルはProシリーズでは初めてのカラーとなる。

価格は以下。

iPhone 14 Pro

・128GB:149,800円
・256GB:164,800円
・512GB:194,800円
・1TB:224,800円



iPhone 14 Pro Max

・128GB:164,800円
・256GB:179,800円
・512GB:209,800円
・1TB:239,800円

 


今回最大の特徴は、これまでインカメラやセンサーが組み込まれていた画面上部の切り欠きやノッチと呼ばれた部分が、ダイナミックアイランドという名称に変更され、形も変わった。
パンチホールの様な形状が、アプリと連携してアニメーションで形状が変化する。

この構造、動画などの表示の際は邪魔にも見えそうだがユニークな事にはユニークだと思うので、採用した限りは1代で終了、なんて事はないように願いたい所だ。

 

カメラも強化されており、画素数も広角カメラ(24mm)がこれまでの1,200面画素から4,800万画素(クアッドピクセルセンサー)に増えた。超広角と望遠は1,200万画素となっている。
12 Proまで搭載されていた2倍の望遠も新しくなって復活している。

手ぶれ補正も、ジンバル不要と謳う手ぶれのないなめらかな映像が撮影可能なアクションモードが搭載される

シネマティックモードも進化している。

 




さらにディスプレイも明るくなって常時表示対応とした。ロック画面では画面が暗くなる。最大120Hzのリフレッシュレートも1Hzからの可変となっている。

チップは今回14 ProシリーズのみA16 Bionicを搭載する。14/14 Plusは5コアGPUのA15 Bionicとなっている。今回チップが同一でなくなった。同時発表機種での別チップは5と5c以来だろうか。

衝突事故検出にも対応する。

衛星を利用しての緊急SOSにも対応するが、現時点ではアメリカとカナダに限定される。2年間は無料で利用できるようだ(以降は有料になるのだろうか)。

 

重量は14 Proが約206g、14 Pro Maxが約240gとなっている。13からは微増となる(13 Proが約203g、13 Pro Maxが約238g)。

 

今回よりアメリカ向けモデルではSIMトレイがなくなりeSIMのみとなったが、日本ではまだSIMトレイ対応モデルとなる。
今回もデュアルeSIMでの利用が可能となっている。

ネットワークに関しては以下。



モデルA2889
◆5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n77、n78、n79)
◆FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
◆TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48、53)
◆UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
◆GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

モデルA2893
◆5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n77、n78、n79)
◆FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
◆TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48、53)
◆UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
◆GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

iPhone 14 Pro 仕様|Apple

今回もミリ波には対応していなさそうだ。
ただ、アップルのネットワークの箇所は違っている場合もあるので、変わっていたらまた追記しておきたい。

 

価格も価格改定で値上げした13 Proからさほど変わっていないようなので、興味のある人は、期間は短いが、9/9(金)に予約注文を行ってみてはどうだろうか。




アップルのオンライン以外でも端末のみを予約注文できそうな店舗は以下。

iPhone|Amazon

ビックカメラ.comなら最新家電をはじめ人気のアイテムがなんでもそろう!

iPhone|楽天モバイル公式 楽天市場店 ※9/12(月)まで楽天スーパーセール開催中。こちら

エディオンネットショップ

 

 

端末だけ購入した人は、ahamo、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、povo、MVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。
一部では5Gにも対応している。
さらに一部MVNOは4月から料金値下げが行われている。

eSIMにも対応しているので、ahamo、IIJmio、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、povoで利用できる。
各社、SIMのみ契約で還元が行われている場合もあるのでチェックしてみると良いだろう。

【新規またはMNP】
容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo ※MNPで5,000ポイント還元




【機種変更】
オンラインでシンプル・カンタン契約のahamo。ahamoご利用者様の機種変更も大変おトクです!ぜひこの機会にahamoのおすすめ人気機種に変更してみませんか!|ahamo

Y!mobileオンラインストア  ※MNPでPayPayボーナス。こちら

UQモバイル  ※SIMのみMNPでもキャッシュバック。こちら

povo2.0|Amazon ※Amazonポイント最大500円分プレゼント。キャンペーンも実施。こちら

楽天モバイル  ※SIMのみMNPでポイント還元。こちら

OCNモバイルONE  ※月額550円から、5Gも利用可能。セールも実施。こちら

IIJmio  ※4月よりギガプランが値下げ。半年440円割引もあり。セールもあり。こちら

格安スマホはmineo  ※eSIMにも対応。通信速度で選ぶ使い放題プラン「マイそくライト」も開始。こちら

イオンモバイル  ※MNPで最大10,000WAONポイント。4月より20GB以上のプランで最大1,100円の値下げ。こちら

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile  ※4月より20GB月額2,099円のNEOプランLiteプラン登場。15,000円キャッシュバックも

なお、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルからも販売が予定されている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください