アップルオンラインストアで2018年のMacBook Air Retinaモデルの整備済製品が税別88,800円で販売を確認

先日突如発表された新型MacBook Air(Retinaディスプレイモデル)の登場に伴い、2018年に発売されたMacBook AirのRetinaディスプレイモデルのゴールドが、アップルのオンラインストアの整備済製品で税抜88,800円から販売されている事を確認した。

※現在在庫切れとなっているが、他のカラー含め定期的に出現するものと思われる


初めて価格を見た時は目を疑った。現時点ではゴールドしか確認できなかった

税別88,800円で販売されているのは、最小構成の1.6GHzデュアルコア Core i5/ストレージ128GB/メモリ8GBのタイプとなる。現在は在庫限りとなるが、新型発売で価格改定が行われているものの、それまでは税抜134,800円であったので、整備済製品とはいえ50,000円近く安く購入できる事になる。

ちなみに256GBの整備済製品も108,000円程で販売されていた。

今後は定期的に在庫が出てくるのだろう。個人的にはスペースグレイが気になる。

なお、新型との大きな違いは、新型にはiPhone、iPadでおなじみの、ディスプレイに「True Tone」が搭載されている点だ。

整備済製品ではないが、家電量販店や店舗のアップルストアではまだ2018年モデルの新品が残っている可能性はある。
整備済製品よりは多少値段は高いと思うが、これまでの価格より安く販売されていると思われる。

既に販売終了の案内が出ているが、ビックカメラ.comの価格を参考にすると、整備済製品では税抜88,800円のモデルは税抜104,790円となっている。
家電量販店において、新価格が既に反映されているかは店舗によって異なる可能性もあるので、確認が必要だ。
なお、アップルストアは既に反映されている事を確認している。


店頭在庫があればこの価格で購入できるのではないだろうか

なお、これまであったRetinaディスプレイではないMacBook Airと12インチのMacBookは、今回の新型発売(MacBook Airの他、MacBook Proも登場)に伴い、ラインナップから姿を消した。販売終了という事だろう。
こちらも店頭在庫限りとなるだろう。


アップルの公式サイト。今まで左端にあった「MacBook」のアイコンと文字がなくなっている

 


MacBook Air購入画面もRetinaディスプレイモデルしか選択できないようになっている

 

整備済製品はMacに限らず、iPad(セルラーモデルもあり)も販売されているので、興味のある人は定期的に覗いてみてはどうだろうか。

認定整備済製品|Apple

 

※ビックカメラ店頭で在庫限りで2018年モデルが値下げされて販売されている

 

 

Twitterはこちら