ヤマダ電機でのモバイルバッテリー安売りにパナソニックのAC充電対応モデルも確認、980円〜ソニーのモデルも値下げ

先日紹介した、ヤマダ電機でのソニーのモバイルバッテリーの大幅値下げによる安売りだが、店舗によっては在庫がなくなりつつあったり、もしくは終了(別のメーカーのものは有)したりしている。

先日、ソニーだけでなく、パナソニックのモバイルバッテリーも確認できた。確認できたのは2モデルで、どちらもモバイルバッテリーながら、USB端子だけでなくACアダプタも備えている。簡単にいうと自宅のコンセントに挿してバッテリーが充電可能となる。
容量は、3760mAhと5000mAhの2モデルで、どちらも何故か980円であった。なので5000mAhの方がおすすめだ。
3760mAhは1600回、5000mAhは2500回繰り返し利用できるとアピールしている。
ただ、AC充電可能な事もあるのか、本体サイズは少々大きめだ。

5000mAhタイプはパナソニックの公式サイトでも生産終了と案内しており、Amazonでも見つからなかった。

 

また、ソニーのモバイルバッテリーも、自分の確認範囲では10000mAhのモデルはもう見なくなったが、その他のモデルが前回確認時点より値下げしていた。
・3400mAh→480円(580円)
・5000mAh→780円(880円〜980円)
・6100mAh→1,180円(1,280円)
となっている(括弧内は値下げ前の価格)。

5000mAhはmicroUSBケーブル付属だが、6100mAhは、microUSBケーブルに加え、microUSBをUSB Type-Cに変換するアダプタの2つが付属する。最近のスマートフォンはUSB Type-C採用が多いので、microUSBのスマートフォンと併用するのに便利なのではないだろうか。
なので、5000mAhを買うのなら、差額はアダプタ代だと思って6100mAhの方を個人的にはお勧めする。最近は100円ショップでもUSB Type-Cのケーブルや変換アダプタも販売しているが、やや不安な部分もある。一方こちらは腐っても?ソニーの付属品なので、多少なりとも安心もできるのではないかと思う。
自分も5000mAhを購入したが、6100mAhのモデルを買ってしまった。


真ん中のものがUSB Type-Cに変換するアダプタとなる

 

ヤマダの公式Twitterで、都内では秋葉原店が販売の案内している事を確認できた。ただ、執筆時点で5日前のものなので、どの程度在庫が残っているかは不明だ。

 

興味のある人は急ぎたい所だ。

※ただ、より安心して使いたい人はPSEマークが付いた製品の購入をお勧めする。

自分が確認した範囲では、新宿、東京駅、新橋店は在庫が少ないか、もう終了してしまっている可能性がある。細かく探せばあるのかもしれないが。

※新宿(西口、東口)ではパナソニックの1,880mAhタイプが480円、3760mAhと5000mAhが980円で販売されている事を確認した

ちなみに名古屋は23日時点でパナソニックのモデルが480円のようだ。

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください