HISモバイルでもeSIM(ドコモ回線)を提供開始、対象のiPhone/iPad、Rakuten Hand/Miniで利用可能〜デュアルSIM利用時は注意

HISモバイルでは8/24(水)よりeSIMを提供した。

 

HISモバイル

 

ドコモ回線を利用しており、対象の料金プランは月額290円(〜100MB)からの「自由自在290プラン」となる。
5Gには対応しない。

同じくドコモ回線でeSIMを提供しているIIJmioとは違い、音声プランにも対応している。

【8/1(月)〜】IIJmioでiPhone/Xperia/OPPO/Xiaomi/AQUOS等がMNPで一括110円からのセール〜料金も半年440円割引で月額410円から

 

デュアルSIMスマホで使いたくなる所だが、HISモバイルでは「AndroidのデュアルSIMは、動作確認を行っておりません。」としているので、自分で情報を集める必要がある。
ドコモ販売のスマホ以外はSIMロック解除されている必要もある。

動作確認している機種は、


・iPhone 13/SE(第3世代)/12/SE(第2世代)/11/XS/XR

・11インチiPad Pro
・12.9インチiPad Pro(第3世代〜)
・iPad Air(第3世代〜)
・iPad(第7世代〜)
・iPad mini(第5世代〜)

 




HISモバイル
・Rakuten Hand ※Rakuten Hand 5Gには非対応
・Rakuten Mini

 


Rakuten Miniについては以下に注意。

※Rakuten Miniで下記3の製造番号の機種の場合、NTTドコモ回線のバンド1に対応していないため、電波をつかみにくい場合があります。
1. 製造番号(IMEI)351676110356708以前の製品(販売終了)
2. 製造番号(IMEI)351676110356716~351676110680487の製品(販売終了)
製造番号(IMEI)351676114000013~351676114151956の製品(交換対応用)
3. 製造番号(IMEI)351676110682491〜351676113417929の製品(販売中

 

一部メディアではPixel 4以降、OPPO、AQUOS、Xperiaなどの一部機種も対応となっているようだ。

 

その他、

・2枚のeSIMを利用の場合、NTTドコモ回線系同士では利用不可
・iPhone、iPadで利用の場合、異なる格安SIM事業者の組み合わせでは利用不可

ともあるので、申し込みむ前にしっかり確認しておきたい。

 

手数料は3,300円/回線、eSIMの再発行は1,100円が発生する。

 

同日よりeSIMに対応したmineoはau回線が対象となっている。

【8/24(水)〜】mineoでeSIM(au回線のみ)と月額660円のマイそくライトが提供開始

 

興味のある人は、しっかり確認してから申し込みたい。

HISモバイル

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください