【7/16(木)〜】楽天モバイルでAQUOS sense3 lite/OPPO A5 2020をRakuten UN-LIMITとセット契約で最大26,300ポイント還元、どちらも実質0円に〜8/5(水)まで

楽天モバイルでは「 夏のスマホ大特価キャンペーン」として、AQUOS sense3 lite SH-RM12またはOPPO A5 2020をRakuten UN-LIMITとセット契約で最大28,300ポイント還元する。
期間は7/15(水)9時から8/5(水)8:59まで(ショップは8/4(火)閉店まで)

※最大26,300ポイント還元に変更(7/16(木)12:30から)

 

夏のスマホ大特価キャンペーン|楽天モバイル

 

新規、MNP、MVNOの楽天モバイルからが対象となり、無料サポータープラグラムからの変更は対象外となる。

AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020のいずれかを購入の場合、楽天ポイント22,000円相当のポイントをプレゼントされる。
さらに先日も紹介したが、オンラインで申し込むと事務手数料3,300円分、Rakuten Link使用で3,000ポイントプレゼントで合計28,300ポイントとなる。

【7/10(金)〜】楽天モバイル、Rakuten UN-LIMITをオンライン契約で事務手数料全額ポイント還元、その後Rakuten Link利用で最大6,300ポイントプレゼント

Rakuten Linkの使用については、申し込み及び対象製品購入の翌月末日23:59までRakuten UN-LIMITを申し込みした回線でRakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用が条件となるので注意したい。

 

機種代金(税込)は、


・AQUOS sense3 lite:27,980円→25,980円
・OPPO A5 2020:24,020円→22,020円

※7/16(木)12:30より変更


なので、還元全て適用でどちらも実質0円となる。

※ポイント還元額は下がったが、機種代金も値下げとなったので負担額は変わらない。
「7月15日の午前9時のキャンペーン開始以降、価格の変更が実施されるまでの間に
「夏のスマホ大特価キャンペーン」により上記製品をご購入いただきましたお客様につきましても、
変更後の価格および特典ポイントを適用させていただきます。」とあるので、この期間に購入した場合はメールが届いているようなので確認する事をお勧めする(7/16(木)追記)

興味のある人はこの機会に契約してみてはどうだろうか。

夏のスマホ大特価キャンペーン|楽天モバイル

 

また、先日からiPhoneでもRakuten Linkが利用できるようになった。

楽天モバイルのRakuten Link、iOS版がApp Storeに登場〜eSIMではiPhone SE/11/XSなどが対応

 

現在100万申し込みを突破し、300万人まで1年無料のRakuten UN-LIMITも残り約200万人程となった。
au回線となるパートナーエリアの容量も5GBに増速し、容量超過後の通信速度も1Mbpsに増速している。

パートナーエリアはデータ制限モードにしておけば1Mbpsの速度で容量も消費しない。他のMVNOの200kbpsの節約(低速)モードよりも使い勝手が良い。radikoの再生や高画質でないレコーダーからの遠隔視聴も1Mbpsあれば十分である。

自分もRakuten UN-LIMITに切り替えたが、パートナーエリアでデータ制限モードしていても、楽天モバイルの自社回線エリアに入れば、楽天自社エリアはデータ制限モード扱いではなくなり、高速通信が可能になるのも嬉しい。
楽天自社エリアは「完全データ使い放題」と案内されている。

ただ、ネットでも一部言われているが、自分も無料サポーターからRakuten UN-LIMITへ変更する際、チャットでサポートにいくつか質問したのだが、やや不安を感じる回答をされる事があった(後で正しい回答をもらえたが)。
1年無料であるものの、サポート関係はやや頼りない印象を持つのは自分だけではないだろう。

通信などを使うだけなら当初発表された内容より充実しており良くなったが、サポートに限らず今後も通信障害などが発生する可能性もあるだろう。

個人的にはメイン回線として使うよりは、2台目の回線として試しに使ってみるくらいの意識でいた方がまだ良いと思う。
1年無料で利用でき、立ち上げたばかりのキャリアのエリア展開がどう広がっていくのかリアルタイムで実感してみたい人はこの機会に契約してみてはどうだろうか。

楽天モバイル

 

 

Twitterはこちら