SIMフリー版AQUOS zero SH-M10の価格が案内されている事を確認〜本体価格は10万円超え

4/9(火)に発売が予定されている、シャープのSIMフリースマートフォン、AQUOS zero SH-M10の本体のみの価格がヨドバシカメラで案内されている事を確認した。

価格は税込で107,870円と10万円を超える価格となり、性能を考えれば致し方ない部分もあるが、中々手を出し辛いのではないだろうか。
ただ、回線契約が必要になるが、一部のMVNOでもセットで販売するので、そちらで購入した方が割安な場合もある。新たにSIMが欲しい人はMVNOとのセット販売を選んだ方が良いだろう。

シャープ、AQUOS zeroのSIMフリー版を4/9(火)に発売〜楽天モバイル、mineoなどでも取り扱い
※現時点ではIIJmioやgoo Simsellerも取り扱いを発表している。

もちろん以前から欲しかったという人には特に言及する事はないのだが、単にスペックが良い機種が欲しいという人は、そろそろキャリアやSIMフリーを主戦場とするメーカー(ASUS、ファーウェイ等)からも夏モデルが発表されるので、そちらと比較して購入を検討したい。
夏モデルではSnapdragonがこれまでの845から855を搭載する機種の登場が予想される。もちろん普通に使う分には845搭載機種でも何の不都合もないと思われるが。

本機が気になるが、価格が理由で手を出しにくいと感じる人は、少し待たないといけないかもしれないが、MVNO各社のセールなどを期待してみても良いのではないだろうか。
特にOCNモバイルONEやgoo Simsellerは、本機と比較的価格の近いハイエンドモデルのMate 20 Proがセール時は60,000円程になっている場合がある(オプション加入が条件となる事が多い)。
goo Simsellerは発売記念特価として、4/9(火)11:00から4/26(金)11:00までは税別67,800円といきなり安い。

最後に参考までに、ソフトバンク版のAQUOS zeroの本体価格と、一足先にSIMフリー版が発売されているAQUOS R2 compact SH-M09のSIMフリー版の価格。


ソフトバンク版より1,000円程高く、R2 compactより20,000円程高い。ソフトバンク版は3月までMNPなら90,000円還元が行われている店舗もあった

価格的にも時期的にも少々選びにくい感もある本機だが、開発インタビューなどでは、ゲームをしたり動画をよく見る人をターゲットにしているようだ。
自社製有機ELや放熱を抑えるというパラレル充電、128GBストレージに6GB RAMなどが売りである一方、カメラがデュアルカメラでなくシングルなど割り切られている部分もある(テレビ機能なし等)。

AQUOS zero SH-M10 > スペック|シャープ

興味のある人は、その辺りもよく確認して購入の検討をした方が良いだろう。

 

 

 

Twitterはこちら