ヤマダ電機でソフトバンクの一部機種で機種変更などで2万円還元を確認〜夏モデルの多くは対象外

ヤマダ電機において、ソフトバンクのAndroidの一部のスマートフォンが新規契約、MNP、機種変更で20,000円還元が行われている事を確認した。
期間は10/31(木)までとなっている。

従来型ケータイ(ガラケー)からの機種変更も10,000円還元となる。

還元方法は機種代金から値引きまたはキャッシュバック(契約の翌々月に店頭渡し)となる。

特に加入する料金プランなどの条件はないように見えるが確認が必要だ。スマホデビュープランは対象外となる。

しかし、2019年の夏モデルは多くが対象外となるので、注意が必要だ。
以下、対象外機種。

・Pixel 3a/3a XL
・Xperia 1
・AQUOS R3
・arrows U
・シンプルスマホ4(2018年夏モデル)

新規や機種変更は対象外でも、上記の機種はMNPで20,000円還元が行われている。

ヤマダ電機でPixel 3a/Xperia 1/ AQUOS R3などAndroidが解除料なしプランでMNPで2万円還元を確認〜10/31(木)まで

夏モデルでもLG K50は今回の対象(対象外の対象外)なので、機種変更でも10,000円以下で購入できそうだ。
対象外機種は分かったが、対象機種はそれら以外と思って良いのだろうか。

今回対象の機種でハイエンドモデルだと、Google Pixel 3/3 XL、AQUOS R2 compact/zero、Xperia XZ3、HUAWEI Mate 20 Pro辺りだろうか。

機種変更も対象なのがありがたいが、10月から2018年の秋冬モデルのほとんどのモデルで機種代金が値上げしてしまったので注意したい。

ソフトバンクでAndroidの2018年秋冬モデルの機種代金が10月からほぼ値上げ〜Pixel 3/3 XLも8万円台からに

機種変更でも還元は珍しいので、そろそろ秋冬モデル登場の時期だが最新機種にこだわりがなければ検討してみても良いのではないだろうか(秋冬モデル登場が近いから今回のようなキャンペーンが行われているかもしれないが)。
既に在庫がない機種もあるかもしれないので、検討しているなら早めに購入した方が良いかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください