ソフトバンクでAndroidの2018年秋冬モデルの機種代金が10月からほぼ値上げ〜Pixel 3/3 XLも8万円台からに

ソフトバンクは10月から2018年秋冬モデルのAndroidスマートフォンにおいて、機種代金の改定を行っている事を確認した。どの機種もほぼ値上げとなっている。

以下、各機種の機種代金。改定前の機種代金も併記。


・Google Pixel 3 64GB:85,920円←57,120円
・Google Pixel 3 128GB:96,960円←64,800円
・Google Pixel 3 XL 64GB:108,000円←67,680円
・Google Pixel 3 XL 128GB:120,000円←75,360円

・AQUOS R2 compact;61,920円←64,800円
・AQUOS zero:77,280円←64,800円
・AQUOS R2:77,280円←64,800円

・Xperia XZ3:99,360円←64,800円
・HUAWEI Mate 20 Pro:101,280円←64,800円
・Android One S5:32,400円←30,720円


確認できている中で値下げしているのはAQUOS R2 compactのみとなっている。
これまで在庫処分で安くなったと思っていたPixel 3も8万円台にまで値上げしている。

Google Pixel|ソフトバンク
製品情報|ソフトバンク

ソフトバンクショップ店頭や家電量販店でも今回の改定が反映されている事を確認している。

 

ちなみに夏モデルとPixel 3/3aの機種代金は以下。こちらも9月までの機種代金も併記。

・Pixel 3a:50,400円←50,400円
・Pixel 3a XL:62,800円←62,800円

・Xperia 1:121,440円←121,440円
・AQUOS R3:107,520円←107,520円

・arrows U:30,240円←30,240円
・LG K50:27,840円←24,960円

LG K50以外はこれまでと変更はない。しかし増税分で実質値下げとも取れるだろうか。

Google Pixel|ソフトバンク
製品情報|ソフトバンク

 

一部機種は家電量販店においてMNPで20,000円還元などが行われているが、値上げした機種はこれらを利用したり、半額サポート+などを利用して機種代金を下げるしかないだろう(半額サポート+を利用するのであれば最新機種を選択した方が良い気もするが)。

【2019/10版】ヨドバシカメラでソフトバンクのiPhone/Pixel/Xperia/AQUOSなどが解除料なしプランでMNPで2万円還元、一部新規や機種変更でも〜10/31(木)まで

 

Pixel 3/3 XLに関しては、同じくドコモでも10月から値上げしている。ただソフトバンクより高くはないが。

9月に一括2万円台だったドコモのPixel 3/3 XL、機種代金が7万円と10万円弱に改定で最大8万円弱の増額に〜店頭でも反映を確認

現時点ではMNPの高額還元も期待できない状態である。これは頻繁に機種を買い換えない人にとっては嬉しい状況なのだろうか(個人的には疑問だが)。

 

 

Twitterはこちら