AQUOS zeroの価格が案内されている事を確認、一括99,840円〜実機の展示も確認

先日モックやカタログを紹介した、ソフトバンクから12月下旬以降発売予定のシャープ製のAQUOS zeroの機種代金が、店頭で案内されている事を確認した。

一括払いでの機種代金は新規、MNP、機種変更どの契約形態でも99,840円と、高い事には高いのだが、昨今のハイエンドモデルで10万円超えの機種が増える中、何故かあまり高くないようにも見えてしまう。

48回分割払いの場合は2,080円/月となる。半額サポートに加入して25ヶ月目に機種変更する場合の機種代金は49,920円となるが、本機は回収となる。

ソフトバンクのオンラインショップでも既に予約が開始されており、機種代金も公開されている。

AQUOS zero

ソフトバンク独占販売なので他キャリアからの登場の可能性は薄そうだ。

なお、実機が展示されている店舗も増えてきている。少し見てきたところ、シャープ初採用となる有機ELは若干発色が濃いように思えた。
設定にはロックが掛かっていたので分からなかったが、この辺りは設定で調節できるのだろうか。

なおUIはGoogleのPixel 3のような新UIで、ホームの横長のバーと戻るボタンのみで、タスク切り替えなどはiPhone X等でも採用されているジェスチャー方式である。
一部であまり評判の良いUIではないらしく、Android 9でも採用していないメーカーもあるらしいので、気になる人はまず実機を触ってみてから購入の判断をしたい所だ。

Twitterはこちら