ヤマダ電機でソフトバンクのPixel 4 XLの128GBが3GケータイからのMNP(PHS含)/機種変更で一括0円〜約12万円引き

先日はPixel 4の64GBを紹介したが、ヤマダ電機においてソフトバンクのGoogle Pixel4 XLの128GBが、3GケータイからのMNPまたは機種変更、PHSからのMNPで一括0円で販売されている事を確認した。
期間に記載はないが一旦は3/31(火)までと思われる。

MNPはドコモ、auからが対象で、3G契約のキッズケータイからも可能と書かれている。

機種代金126,720円が店舗特別値引きで全額割引で一括0円となる。

最近3Gからの変更でハイエンドモデルの一括0円はしばしば目にするが、2019年秋に発売された機種が12万円程割引されるのはやはり圧巻である。

現金または商品券還元も選択できるが、その場合は115,000円還元(税込)で、契約月の翌々月に店頭渡しとなる。

 

毎度の事ながら、スマホデビュープランへの加入が必須となる。

スマホデビュープランはデータ容量1GB(容量超過後は速度制限、容量追加購入で通常速度で利用可能)と、1回5分間の無料通話(オプション扱いだが割引あり)が、各種割引適用で12ヶ月間は月額1,078円から利用できる。

スマホデビュープラン|ソフトバンク

3/12(木)から新しいスマホデビュープランとなっている。

 

Pixel 4の64GBも同様の条件で一括0円もあるが、サイズの大きいPixel 4 XLの最大容量である128GB(64GBもある)も0円となったので、画面が大きく、容量の多い機種が欲しい人にとっては良いのではないだろうか。
Pixel 4シリーズで最も価格の高いモデルである。

 

たまにPixel関連では書くが、3Gケータイなどをこれまで普通に使ってきたような人にはPIxelはあまりお勧めしない。Pixelはキャリアが手をほとんど入れていなかったり、バージョンアップなどが速く提供されるなど、分かっている人にとってはメリットとなるが、うっかりバージョンアップしてしまうと、アプリや各種サービスへの対応が遅れる場合がある(ソフトバンクの場合はよく分からないが、ドコモのPixel 3などは通常のキャリア販売のAndroidとはサービスの対応が若干異なる部分がある)。

同じキャリアが手を入れられないiPhoneは、利用者も多いのできちんとキャリアが対応する。利用者も多いので、周りに聞きやすいだろう(iPhone 8とiPhone X以降で操作性は異なるが)。
またはきちんとキャリアの手が入っているシャープなどのAndroidスマートフォンを選ぶ事をお勧めする。

もちろん何らかの事情でまだ3G回線を持っている、よく分かっている人にとってはとても良い機会なのではないだろうか。

興味のある人は最寄りのヤマダに立ち寄ってみてはどうだろうか。東海地方の一部店舗でも確認できている。

 

PayPayボーナス10,000円分もらえるクーポンも配布中

現在ソフトバンク取扱店で利用できるPayPayボーナス10,000円分もらえるクーポンを配布している。
5G対応機種も対象となっている。

詳細は以下。

【5Gも対象】Yahoo!携帯ショップでソフトバンクを新規/MNP/契約変更でPayPayボーナス10,000円分がもらえるクーポン配布中

メリハリプランまたはミニフィットプランに加入する必要がある。

クーポンの取得は以下から。

 

 

Twitterはこちら