ソフトバンクのAQUOS R2 compactの価格の案内と実機が展示されている事を確認、予約も開始〜一括価格は82,080円

既に予約が開始されており、1月月中旬以降発売予定と案内されているソフトバンクのAQUOS R2 compactの、価格の案内と実機が展示されている事を確認した。
価格は以下。


ウルトラギガモンスター+に加入すると月々割は適用されない。ちなみに型番は803SHとなる

一括価格は82,080円で、前作のAQUOS R compactは76,320円だったので、6,000円程値上げしている。
ウルトラギガモンスター+に加入すると月々割は適用されない。

SIMフリー版も検討されているとの事なので、ソフトバンク版の価格が1つの目安となるだろう。
ソフトバンクはiPhoneではSIMロックが掛かっているのに、何故かSIMフリー版よりも割高であったが、Androidの場合、Pixel 3/3 XLやMate 20 ProはSIMフリー版とそれ程変わらなかった記憶がある。
ちなみに前作のAQUOS R compactのSIMフリー版の発売時の単体価格を調べてみたら、76,550円であった。

ただ、MVNOが取り扱えば、SIMとのセット契約になると思われるが若干安くなるのではないだろうか。セールに期待したい所だ。

また、実機も既に展示されている店舗もあった。


噂のダブルノッチ。嫌いな人は嫌いだろう。指紋センサーでせり上がっているため、すぐ上のアプリアイコンとの間隔が狭く、ホームキーがタップしにくかった

なお、Android 9 Pie搭載のため、標準設定だとこれまでと大きく操作が変わる点(履歴表示がホームキーを上スワイプなど)に注意が必要だ。ただ、Android 8以前の画面下にボタンが3つ並ぶ仕様に変更できたり(戻る、ホーム、履歴)、指紋センサーにその操作を割り当てる事もできるので、新しい操作が合わなければ戻してしまっても良いかもしれない。

実機はあまり触っていないが、Snapdragon 845搭載のハイエンドとなっているので、レスポンスの心配はないだろう。
メモリは4GB、ストレージは64GBとなっている。

YouTubeアプリではHDR再生が可能で、拡大するとノッチ部分まで広がる表示となる。機種によってはノッチがあってもそこまで広がらない場合もあるが、本機はiPhone Xシリーズの様にノッチ部分まで広がるようになっている。


最大画質は1080p60 HDRまでだろうか

 


画面一杯まで広げて表示するとノッチで隠れる部分があるので、これまた嫌な人は嫌かもしれない

ドコモから出なかったのは既にXperia XZ2 Compactや比較的小型のiPhone 8、Pixel 3などが既にあったからだろうか。
auはPixel 3も唯一大手から販売されず、Androidの秋冬モデルも少なめだったので、iPhoneを売りたいのだろうか。

iPhone SEの後継機もそうだが、この手のコンパクトモデルは欲しいという声は割と多く見聞きするが、実際に売り上げには結び付かない面もあるのだろうか。

 

 

 

 

Twitterはこちら