ヤマダ電機でもソフトバンクのAndroidスマートフォンがMNPで9万円還元、機種代金からの値引きも可能、PayPay登録でさらに5,000円増額〜1/15(火)まで

ビックカメラ同様、ヤマダ電機でもソフトバンクのAndroidスマートフォンがMNPで9万円還元を行なっている事を確認した。
期間は1/15(火)まで。

条件はお馴染みの48回割賦、半額サポート、ウルトラギガモンスター+への加入となる。
還元方法は端末代金からの値引きか商品券のどちらかとなる。

ただ、一括払いはできず、値引き後の代金で48回割賦の契約が必要になると思われる。

既にAQUOS zeroの様に還元額が指定されている機種は、今回の金額まで増額してくれるのかそのままなのか確認が必要だ。
発売したばかりのMate 20 Proも90,000円引きが可能なのだろうか。

1/21(月)まではPayPay利用中または登録(契約時に初めてPayPay登録でも良いという事だろうか)で5,000円還元も行なっており、最大95,000円還元となる。
また、PayPay払いと現金も組み合わせられ、1/14(月)まではポイントアップキャンペーンを行なっている。

PayPay(ヤマダ電機)

 

Twitterはこちら