店頭にソフトバンクから7/8(金)発売のAQUOS R7のモックとカタログが置かれている事を確認

ソフトバンクから7/8(金)から発売となるAQUOS R7のモックが、既に店頭で展示されている事を確認した。

 

ソフトバンクではブラックとシルバーの2色が発売される。

なお、機種代金は189,360円となる。

 

AQUOS R7|ソフトバンク

 




ちなみにドコモでも販売されるが、そちらは198,000円となる。

ソフトバンクではXperia 1 Ⅳもオンライン限定で販売されているが、そちらは199,440円となっている(数量限定でVRゴーグル付き)。
わずかにXperiaより安い。

持ってみると、横幅は広め、厚みもある。重量は200gを超える。


本体上部。デザインの関係なのかやや厚く感じた

 

画面部分はフラットで、背面の側面は丸みを帯びていた。

また、既にカタログもあった。

 

今回AQUOS R6に続いてライカ監修の1型センサーを搭載し、各種強化(ミリ波/ワイヤレス充電/ストレージ256GB等)された事により、Xperia 1 Ⅲ→1 Ⅳ以上に価格も大幅アップしている。

前機種のR6は133,920円であった。

今回まだLEITZ PHONE 1(187,920円)の後継機は発表されていないが、前機種と同じような感じでの登場となれば、ゆうに20万円を超えてくると思われる。

 




さらに今回nanoSIMとeSIMにも対応し、対応周波数もプラチナバンドはもちろん、iPhone並みに各社の周波数をカバーしている。

ソフトバンクのAQUOS R7、5Gのn79(ドコモ)やLTEのBand21(ドコモ)/11(au)やプラチナバンド(ドコモ/au)にも対応を案内

 

これまでソフトバンクのAQUOSで対応してこなかったドコモのn79やBand 21にも対応している。ただしドコモと同等の通信速度が保証されているかは不明。

 

今回20万円に迫る価格となっているが、興味のある人は店頭を覗いてみてはどうだろうか。
その内実機も出てくるはずだ。

 

端末だけ購入した人は、ahamo、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、povo、MVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。
一部では5Gにも対応している。
さらに一部MVNOは4月から料金値下げが行われている。




eSIMにも対応しているので、ahamo、IIJmio、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、povoで利用できる。
各社、SIMのみ契約で還元が行われている場合もあるのでチェックしてみると良いだろう。

【新規またはMNP】
容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo ※ahamo大盛りエントリーで2,000ポイントプレゼント

【機種変更】
オンラインでシンプル・カンタン契約のahamo。ahamoご利用者様の機種変更も大変おトクです!ぜひこの機会にahamoのおすすめ人気機種に変更してみませんか!|ahamo ※ahamo大盛りエントリーで2,000ポイントプレゼント

Y!mobileオンラインストア  ※MNPでPayPayボーナス。こちら

UQモバイル  ※SIMのみMNPでもキャッシュバック。こちら

povo2.0|Amazon

楽天モバイル  ※SIMのみMNPでポイント還元。こちら

OCNモバイルONE  ※プライベートIPも利用可能

IIJmio  ※4月よりギガプランが値下げ。半年300円割引もあり。セールもあり。こちら

格安スマホはmineo  ※通信速度で選ぶ使い放題プラン「マイそく」も割引キャンペーン。こちら

イオンモバイル  ※MNPで最大10,000WAONポイント。4月より20GB以上のプランで最大1,100円の値下げ。こちら

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile  ※4月より20GB月額2,099円のNEOプランLiteプラン登場。15,000円キャッシュバックも

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください