ソフトバンクのMate 10 Proの本体価格が案内されていた事を確認〜10万円越えもMNPは月々割が高額に

家電量販店において、ソフトバンクから5/18に発売されるMate 10 Proの本体価格が案内されている事を確認した。
以下、写真。

本体価格は107,520円と、SIMフリー版の端末のみの価格である、税別89,800円より若干高い。月々割が新規と機種変更で2,000円/月、MNPが3,800円/月とMNP優遇なのが分かる。

ネットワーク周りはソフトバンク向けに調整されており、ソフトバンク謹製アプリも最低限入っており、いわゆる国内向け機能のテレビ、おサイフケータイは非対応となる。

SIMフリー版のポイントであったデュアルSIMはSIMスロット1つに変更されているので注意したい。
どこまでソフトバンクが関われたのかは分からないが、良くも悪くもデュアルSIM非対応以外大きな変更はなさそうな印象だ。

このタイミングでP20シリーズではなかったのは残念な面もあるが、月々割も合わせて安く買いたい人には良いのかもしれない。遅くとも101日目以降ならSIMロックも解除できる。個人的には家電量販店やショップなどにフィルムやケースが充実することに期待したい。

SIMフリー端末からキャリアの取り扱いに昇格?した珍しい1台だ。

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください