UQモバイルが2月から3GB月額1,480円からの料金プラン「くりこしプラン」を提供へ〜他社MVNO並の料金で大手並みの通信品質に

KDDIは、au向けに20GB月額2,480円の新料金プラン「povo (ポヴォ)」を発表した。それ以外にもサブブランドのUQモバイルでも新料金プラン「くりこしプラン」を2月より提供する。

 

 

UQ mobile、ひとりでもおトクな「くりこしプラン」を提供|KDDI

 

注目は、これまで3GBで通常月額1,980円だった最安のプラン(スマホプランS)がくりこしプランSとなり、容量そのままで通常月額1,480円に下がっている。
複雑な割引条件などはない。

余ったデータ容量を無駄なく翌月まで繰り越せることに加え、データ消費ゼロの「節約モード」も引き続き選択できる。
通話オプションも選択できる。
データ量超過後の通信速度はくりこしプランSは300kbps、それ以外は1Mbpsとなる。

「くりこしプランL」に関しては、秋に発表していた20GB月額3,980円の「スマホプランV」を見直した内容となる。

また、夏に5Gにも対応する予定する事を案内している。

現在提供中のスマホプランS/Rは1/31(日)で新規申し込みが終了となる(利用自体は以降も可能)。

 

3GBで月額1,480円は、他のMVNOと同水準かそれよりも安い事になる。他社のMVNOの様に、UQモバイルは通信速度も昼休みや通勤ラッシュ時に落ちる事がないと言われている(KDDIに統合される前は元々WiMAXを貸し出していた側だったので収入もあったのだろう)。
なので、独立系のMVNOはドコモのahamo登場なども含めて、益々苦しい立場となってしまう可能性がある。

興味のある人はこの機会に利用してみてはどうだろうか。
今のタイミングでUQモバイルに移って、プランだけ変更しておくという手もある。

UQモバイルオンラインショップでXperia 8 LiteとGalaxy A21発売、一括550円から/OPPO Reno3 Aも値下げ〜SIMのみでも最大1万円還元

格安スマホならUQ mobile

 

 

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください