【祝・当選】Apple PayのSuicaキャンペーンでiPhone XR用のケースが当選したのでレビュー〜完全なるファンアイテム

4月にも紹介したが、JR東日本のApple PayのSuicaで定期券を購入すると、チャージ1,000円分プレゼントが行われていた。
その1,000円チャージの付与の案内は既にメールで来ているので、キャンペーンに応募した人でまだ確認していない人は、メールを確認してみると良いだろう。

ちなみに自分の場合はApple PayではなくSuicaアプリでの利用なので、受け取りは自動で付与されるものではなく、アプリ内の「Suicaポケット一覧」から受け取る必要があった。

受け取り期限が7/31(水)23:59までとなっているので注意したい。
iPhoneのWalletアプリ利用の場合はまた違うのかもしれないが。

そして、今回のキャンペーンでは、以下の限定グッズも抽選でプレゼントされていた。

【A賞】おうちでくつろぎペンギングッズセット 50名
【B賞】オリジナルiPhoneケース(iPhone XS用)500名
【C賞】オリジナルiPhoneケース(iPhone XR用)500名

今回運良くC賞のiPhone XR用のケースが当選した。当選は某宅配業者の配送予定メールで知った。当選しても特に連絡はないと、キャンペーンサイトの「よくあるご質問」に書いてあったので驚いた。

先日届いたので中身を紹介したい。


縦長のダンボールで届いた。この時点でSuicaらしさは感じられない

 


開封。白いのは封筒だ

 


封筒の中身。厳然なる抽選の結果の当選である

 


ケースの注意事項記載の紙。非売品という点が所有欲をくすぐる。材質はポリカーボネイト、生産は中国で印刷は日本だ

 


厳重な梱包(プチプチ)で守られている。ペンギンとSuicaマークが見える

 


梱包を取ってもさらにビニールに包まれている。安心感がある

 

ここからはケースの写真。


背面。今回のメインビジュアルだろう。色は付いておらずクリアだ

 


側面ボタン部分は広くざっくり開けられているのではなく、個別にくり抜かれており好印象だ

 


しかし、上下は大きく開いている。何もない上側はせめて保護して欲しかった

 

実際にiPhone XRにケースを着けてみた写真。なお、本体背面にはガラスフィルムを貼っているためボタン部分の位置は何もフィルムを貼っていない場合より多少若干異なる


アップルのロゴとペンギン、「iPhone」と「Suica」のコラボレーションを堪能できる。ペンギンが何かを訴えているようにも見えるが何を訴えているかは分からない。前面は特に何もない

 


側面

 


上下。上側は何とか保護して欲しかった。背面にガラスフィルムを貼っていなければ前面に貼ってあるガラスフィルム部分も保護されていたのかもしれない

 

感想としては、ケース自体は正直100円ショップで売っていそうなハードケースの背面に、Suicaペンギンとロゴを印刷したもので、特にモバイルSuica利用時に何か配慮があったり、特別な事ができる訳ではない。
何なら自分でも作れるのではないだろうか。

側面はボタン部分がざっくり開いているのではなく、くり抜きになっているのは良いのだが、上部がざっくり開いているのはやや残念である。

しかし、Suicaペンギンのファンにとっては非常に魅力的な商品に映るのだろう。非売品と書いてあったが、駅のグッズ売り場などに売っていたりしないのだろうか。

レビューは以上だ。
ケースは使わずに箱にしまっておく事になるだろう。

 

 

 

Twitterはこちら