8/11(水)よりノイズキャンセリング搭載のフルワイヤレスイヤホンのBeats Studio Budsが発売、Androidでも利用可、Apple Musicもビック経由の申込で4ヶ月無料

アップル傘下のBeats by Dr.Dreは、8/11(水)にノイズキャンセリング機能搭載のフルワイヤレスイヤホンであるBeats Studio Budsを発売した。

価格は17,800円と、同じくノイズキャンセリング機能を搭載するAirPods Proよりも安めだ。
カラーはブラック、ホワイト、レッドの3つ。

アップルのオンラインの他、Amazonやビックカメラ.comでも販売されている。

Beats Studio Buds|Apple

・Beats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン – アクティブノイズキャンセリング、IPX4等級、耐汗仕様イヤーバッド、AppleデバイスとAndroidデバイスに対応、Class 1 Bluetooth、内蔵マイク、8時間の再生時間|Amazon

 




フルワイヤレスイヤホン Beats Studio Buds レッド MJ503PA/A [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応]|ビックカメラ.com

 

特徴は以下。

商品の特徴
すべてはプレミアムなサウンドのために
アーティストが聴き手に届けたいと願った最高のサウンドを届けるために。Beats Studio Budsはコンパクトな設計ながら、独自のアコースティックプラットフォームにより、パワフルでバランスに優れたサウンド。2枚の振動板を採用した独自のドライバをデュアル・チェンバーのハウジング内に搭載したことで、クリアなサウンドと高度なステレオセパレーションを実現しました。さらに、進化したデジタルプロセッサがオーディオのパフォーマンスを最適化。ノイズキャンセリングでクリーンな音質を保ちながらもパワフルで鮮やかなサウンドをもたらします。スタジオで生まれた音楽の質感そのままに、臨場感あふれる音の世界を一日中楽しむことができます。

ノイズを支配する
Beats Studio Budsには、2つのリスニングモードを用意。サウンドを完全にコントロールすることができます。アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、緻密にチューニングされたフィルターが、不要な周囲の音を検知、継続的に遮断します。一方で外部音取り込みモードを使えば、外向きのマイクから周囲の音を取り込み、自然な環境で音楽を聴くことができます。リスニングモードの切り替えはボタンを1回押すだけ。あなたに合った聴き方が選べます。

一日中、楽しめる
一日中、楽しめるイヤーバッドは最大8時間の再生が可能で、2回分の充電ができるポケットサイズの充電ケースを付属。充電ケースを使えば、合わせて最大24時間再生できます。ANCまたは外部音取り込みモードをオンにすると最大5時間、充電ケースを使えば、合わせて最大15時間。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で1時間再生できます。ワイヤレスがもたらす自由をお楽しみください。

どんな耳にもフィット
3種類のサイズから選べる、ソフトなシリコーン製イヤーチップがぴったりフィット。自分に合ったサイズを選ぶことで快適で安定した着け心地になり、耳から外れにくくなります。さらに高い密閉性が臨場感あふれるサウンドを実現します。Beats Studio Budsはコンパクトで洗練されたデザインで生活のあらゆるシーンに溶け込む設計。充電ケースは携帯性に優れ、ポケットやバッグに入れやすい丸みを帯びたスリムな形状です。イヤフォンはIPX4等級の耐汗耐水性能を備えています。



安定したワイヤレス接続
Beats Studio BudsはClass 1 Bluetoothテクノロジーを搭載しているため、接続範囲が広く、ドロップアウトも減少。デュアルビームフォーミングマイクがあなたの声を認識して風切音や周囲のノイズを取り除くことで、高い通話品質とクリアな音声を実現します。オンイヤーコントロールを使って、通話や音楽の操作も可能。「長押し」機能をカスタマイズして、ANCと音声アシスタントのどちらに使用するかを選ぶこともできます。

AppleデバイスとAndroidデバイスに対応
Beats Studio Budsは、AppleデバイスおよびAndroidデバイスとワンタッチでペアリング、Bluetoothで簡単に接続できます。Android用のBeatsアプリでは、内蔵の操作機能、デバイスの状態確認機能(バッテリー残量など)、ファームウェアアップデートなどが利用できます。Appleデバイスはこれらの機能がiOSに内蔵されており、アプリは不要です。また「Hey Siri」を使って、ハンズフリーで起動することも可能です。充電コネクタにはUSB-Cを採用、AppleとAndroidのどちらでも使うことができます。

■パワフルでバランスに優れたサウンドを再現する独自のアコースティックプラットフォーム
■アクティブノイズキャンセリング(ANC)が周囲の音を遮断し、臨場感あふれるサウンドを実現
■外部音取り込みモードに切り替えて、周囲の状況を把握
■AppleデバイスとAndroidデバイス、どちらでもワンタッチで簡単にペアリング
■通話性能やボイスアシスタントの利用品質を高めるデュアルビームフォーミングマイク
■耐汗耐水性能(IPX4)を備えたワイヤレスイヤーバッド
■3種類のサイズから選べるイヤーチップで、快適な着け心地と高い密閉性を実現
■最大8時間の再生が可能(ポケットサイズの充電ケースを使用すると最大24時間)
■「Hey Siri」を使ってハンズフリーで起動
■業界最高クラスのClass 1 Bluetoothテクノロジーにより、接続範囲が広く、ドロップアウトも減少
■USB-Cによるユニバーサル充電

<同梱物>
USB-C – USB-C充電ケーブル、3種類のサイズから選べるイヤーチップ(ミディアムをあらかじめ装着済み)、クイックスタートガイド、「b」ロゴステッカー、保証書

フルワイヤレスイヤホン Beats Studio Buds レッド MJ503PA/A [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応]|ビックカメラ.com




iOSデバイスだけでなく、Androidでも使いやすいように配慮されているようだ。

興味のある人はこの機会に購入してみてはどうだろうか。

・Beats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン – アクティブノイズキャンセリング、IPX4等級、耐汗仕様イヤーバッド、AppleデバイスとAndroidデバイスに対応、Class 1 Bluetooth、内蔵マイク、8時間の再生時間|Amazon

 

フルワイヤレスイヤホン Beats Studio Buds レッド MJ503PA/A [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応]|ビックカメラ.com

 

同じノイズキャンセリング対応のフルワイヤレスイヤホンとしては、ソニーのWF-1000XM4があるが、現在入荷に時間が掛かっている状況だ。

ソニーからフルワイヤレスイヤホンのWF-1000XM4が6/25(金)発売、3.3万円、遂にLDACにも対応〜ソニーストア/Amazon/ビック等でも既に予約可能

ソニーのフルワイヤレスイヤホンWF-1000XM4、生産上の都合で供給が十分に出来ない状況が続くとされ、届くまで時間が掛かると案内

 




アップルは、先日よりApple Musicを空間オーディオとロスレス再生に対応させた。今回のBeats Studio Budsなら空間オーディオに対応する。

Apple Musicはビックカメラ経由での申込みなら、通常初回3ヶ月無料が4ヶ月無料となる。
興味のある人はこちらも申し込んで聞いてみてはどうだろうか。

ビックカメラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください