auの電話でのMNP予約番号の取得方法が「契約者本人がMNPの予約をするスマートフォン/携帯電話本体」からになっている事を確認

auの電話でのMNP予約番号の取得方法において、「必ず、契約者ご本人さまが、MNPの予約をするスマートフォン/携帯電話本体から、電話番号の前に186を付けるなどの方法で 携帯電話番号を通知してお電話ください」と付け加えれられている事を確認した。

 

解約・MNP転出をご検討中のお客さま|au

 

既にWebのMy auからでもMNP予約番号を取得もできるようになっているが、家族割などグループを組んでいたりするなど何らかの理由が絡む場合、取得できない事がある。

【au】My auからMNP転出の予約番号が発行可能に〜ただし9時から20時まで

【注意】auでMy au(オンライン)からのMNP予約番号の取得、家族割プラス加入の場合は取得不可の表示




その場合、電話なり店頭に出向くなりで対応してもらう必要がある。

電話の場合、「MNPの予約をするスマートフォン/携帯電話本体」から電話しろとあるが、恐らく現在auを契約している回線から電話しろという事なのだろう。普通の人にとってはauで契約した回線のSIMカードはauで買った端末に入っていると思うので、その端末から掛けろと書いておいた方が分かりやすいのだろう。

しかし、実際はau回線のSIMカードが入っていれば端末は何でも良いように見える(利用端末まで見ているのであれば、売却や譲渡していた場合MNP不可となってしまうので、流石にそれはないと思うが)。

 

とはいえ、これまでは1回の電話から、複数回線のMNP予約番号が発行されたり特典(割引クーポンなど)が貰えたりした(はずだ)が、これからは1回線分毎にしか予約番号が発行できなくなったりするのだろうか。複数回線所持の人は手間が掛かるようになってしまった。

さらに今どうなっているのか分からないが、数年まではauショップでMNPの予約番号を発行してもらった時、何故かショップの電話から自分で予約番号を発行させられた(店員が機械で発行してくれなかったのには驚いた)。
これも今後は自分の端末から行うようになるのだろうか(既に変わっていたら問題ないのだろうが)。

 

auに限らず業界的に2年縛り撤廃、料金値下げ、SIMロック禁止など、消費者に有利な環境が整えられてきてはいるが、制限が強化されたり、利用が不自由になった部分も見受けられるようになってきた印象だ(機種変更や端末のみ購入でも本人確認強化や、オンラインショップでモバイル回線のみ手続き可など)。

解約・MNP転出をご検討中のお客さま|au

 




容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo ※SIMのみMNPで10,000ポイントプレゼント。こちら

ソフトバンクオンラインショップ ※事務手数料無料

Y!mobileオンラインストア  ※MNPで最大7,000円分PayPayボーナス。こちら

楽天モバイル  ※SIMのみMNPで20,000ポイント還元。こちら

OCNモバイルONE   ※最大1年間月額料金5%割引キャンペーンも実施。こちら

IIJmio

BIGLOBEモバイル  ※1年間月額550円から、SIMのみ契約なら初期費用0円。こちら

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile  ※20GB月額2,699円プラン登場。最大3ヶ月無料。1年間550円割引。上り通信が無制限に。こちら

格安スマホはmineo

イオンモバイル

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください