auからもXperia 1 Ⅳ発売、対応周波数も既に公開、ドコモとソフトバンクのプラチナバンドにも対応もn79は非対応

先日より紹介しているドコモ、ソフトバンクに続き、auでもXperia 1 ⅣがSOG06として発売する。

現時点では6月上旬以降発売予定で、機種代金は192,930円となっている。

Xperia 1 IV SOG06|au

 

カラーはブラックとアイスホワイトの2色で、ドコモで用意されているパープルはない。

ドコモに続き19万円台と高額だ。

驚いた事に、既に対応周波数が案内されていたので、今回紹介しておきたい。

以下、5GとLTEの対応周波数。




au携帯電話などの対応周波数帯一覧|au

 

LTEでは、これまで対応していなかったドコモとソフトバンクのプラチナバンド(Band19/8)に対応している。
5Gではミリ波対応しているが、ドコモで使われているn79には対応しない。

ドコモ対応が今ひとつなのはソフトバンク版と似ている(auはBand26に対応してる)。

ソフトバンクからもXperia 1 Ⅳ発売、数量限定でXperia Viweも付属、遂にドコモとauのプラチナバンドにも対応

 

これで3キャリア分見てきたが、一番幅広く使えそうなのはドコモだろうか(ドコモ対応周波数の案内はまだ公式で出ていないので、もしかしたら異なるかもしれないが)。

ドコモからXperia 1 Ⅳ発売、eSIM対応や他社バンド(n77、Band18/8)にも対応、しかし約19万円に

 




他キャリア版が対応していないn79やBand21にももちろん対応している、他社向けだとn28とBand11/26がないくらいだろうか。
Band11に関しては、LTEで利用される内はWiMAX 2+やAXGPの周波数が使えればそれ程問題ないように見える。

 

とにかく色んなキャリアで問題なく使えないと嫌だという人はドコモ版だろうか。au/ソフトバンク版もLTEに限ればそう問題はなさそうだ。

 

ちなみにauではキャンペーンが実施される予定で、予約者にau PAY残高10,000円分、auオンラインショップ購入でソニーストアのポイント5,000ポイントがプレゼントされる。どちらも応募者全員プレゼントとなるようだ。

 

なお、auオンラインショップでは単体購入も可能であるが、あくまで発売日以降で可能となる。
事前予約はできないので注意したい。

 




キャンペーンの利用に関わらず、端末だけ購入した人は、ahamo、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、MVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。
一部では5Gにも対応している。
さらに一部MVNOは4月から料金値下げが行われている。

eSIMにも対応しているので、ahamo、IIJmio、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルで利用できる。
各社、SIMのみ契約で還元が行われている場合もあるのでチェックしてみると良いだろう。

【新規またはMNP】
容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo ※SIMのみMNPで10,000ポイントプレゼント。こちら

【機種変更】
オンラインでシンプル・カンタン契約のahamo。ahamoご利用者様の機種変更も大変おトクです!ぜひこの機会にahamoのおすすめ人気機種に変更してみませんか!|ahamo

Y!mobileオンラインストア  ※MNPで最大12,000円分PayPayボーナス。こちら

UQモバイル  ※SIMのみMNPで最大13,000円キャッシュバック。こちら

楽天モバイル  ※SIMのみMNPで20,000ポイント還元。こちら

OCNモバイルONE ※500MB/月額550円プランもあり。5G通信も提供開始

IIJmio  ※4月よりギガプランが値下げ。こちら

格安スマホはmineo  ※3ヶ月1188円割引。通信速度で選ぶ使い放題プラン「マイそく」も提供開始。こちら

イオンモバイル  ※MNPで最大10,000WAONポイント。4月より20GB以上のプランで最大1,100円の値下げ。こちら

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile  ※4月より20GB月額2,099円のNEOプランLiteプラン登場

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください