【2024/6版】ヤマダデンキでドコモのiPhone 15の全容量がMNPと新規で4.4万円引き

5月に続き、6月もヤマダデンキにおいて、iPhone 15がMNPで割引で案内されていたので紹介しておきたい。

期間は7/1(月)までとなる。

容量は全容量が対象となっている。


◆128GB(149,490円)

・MNPまたはエコノミーMVNOからの変更または新規契約で23ヶ月目にいつでもカエドキプログラムで機種返却:実質18,898(5G WELCOME割▲44,000円+支払い不要▲86,592円)

※新規は22歳以下またはeximo加入が条件

 

・上記から返却なしの場合:105,490(5G WELCOME割▲44,000円)

 

◆256GB(172,040円)

・MNPまたはエコノミーMVNOからの変更または新規契約で23ヶ月目に機種返却:実質29,040円(5G WELCOME割▲44,000円+支払い不要▲99,000円)

※新規は22歳以下またはeximo加入が条件

 

・上記から機種返却なしの場合:128,040円(5G WELCOME割▲44,000円)

 

 

◆512GB(212,300円)

・MNPまたはエコノミーMVNOからの変更または新規契約で23ヶ月目に機種返却:実質45,540円(5G WELCOME割▲44,000円+支払い不要▲122,760円)

※新規は22歳以下またはeximo加入が条件

 

・上記から機種返却なしの場合:168,300(5G WELCOME割▲44,000円)

 

 

【参考】SIMフリーモデルの価格

◆iPhone 15
・128GB:124,800円
・256GB:139,800円
・512GB:169,800円

 


MNPを条件にした割引は1回線あたり1年に1回までとなる。

全容量44,000円割引で、返却なしだと全容量SIMフリーモデルより安い(512GBは誤差みたいなものだが)。

以前紹介した時は、256GBと512GBは22,000円割引だった。

ヤマダデンキでMNPでドコモのiPhone 15の128GBが4.4万円引き、256GB/512GBと15 Plus全容量が2.2万円引き

 

一部の層からは待望のUSB Type-Cにも対応し、家にLightningケーブルが必要なアップルデバイスが少ない人、または減らしたい人などは、14以前の機種の方が安く売られているかもしれないが、ケーブルをまとめられると言う観点から15を検討するのも良いのではないだろうか。

興味のある人は最寄りのヤマダを覗いてみてはどうだろうか。

 

デュアルSIMにも対応しているので、irumo(ドコモ)、ahamo、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、povo、MVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。

eSIMにも対応しており、irumo、ahamo、IIJmio、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、povo、イオンモバイル(auのみ)、nuroモバイル(ドコモ回線のみ)で利用できる。
各社、SIMのみ契約で還元が行われている場合もあるのでチェックしてみると良いだろう。

最新情報や料金プランや端末ラインナップについても以下を参照。

IIJmio  ※セールも開催中。大容量プランが登場で半額、料金割引キャンペーンもあり。こちら

Y!mobileオンラインストア  ※10周年感謝祭も実施。こちら

 

楽天モバイル ※初めて申し込みでポイント還元などあり。こちら

UQモバイル  ※新料金プラン開始。こちら。SIMのみ契約で還元もあり

格安スマホはmineo  ※10周年感謝祭も実施

イオンモバイル  ※一部料金プランが値下げと大容量プラン追加。最大15,000WAONポイント還元。紹介キャンペーンも。こちら

 

irumo(イルモ) ※3,300ポイント還元キャンペーン実施。こちら。OCNモバイルからのMNPで2万ポイント進呈。こちら

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo  ※ポイ活オプションも提供開始

NUROモバイル ※eSIMも提供開始。こちら。NEOプラン(W含む)でキャッシュバック。バリュープランやかけ放題プランでも料金割引

つながる!速い!高品質を実現した格安SIM/スマホ【LIBMO(リブモ)】 ※ドコモのエコノミーMVOとしても取り扱い

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください