ドコモが12/1(火)からドコモショップでLINE/Twitter/Instagram/Facebook/モバイルSuica/ポケモンGO等8アプリの設定サポートを提供開始〜1アプリ1,650円

ドコモは12/1(火)より一部のドコモサービス以外のアプリに関して、アカウント設定や初期設定を行う「アプリ設定サポート」のサービスを全国のドコモショップにおいて提供開始する。

対象のアプリは以下の8アプリとなる。

・LINE
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・メルカリ
・モバイルSuica
・ディズニー ツムツム
・Pokémon GO

(お知らせ)ドコモショップで「アプリ設定サポート」の提供を開始-ドコモサービス以外の初期設定などをサポート-|NTTドコモ

これらのアプリのインストール・初期設定・アカウントの引き継ぎなどを、1アプリ税込1,650円でサポートする。
ドコモの回線契約を所持していれば対象となる。

操作に関しては契約者自身で実施する必要があるという。

ドコモショップにて申込書兼同意書を記入する事で申し込める。

料金は翌月の請求と併せて請求される。




これまでトライアルとして250店舗で実施していたが、利用した客から好評の声が多かったため全国のドコモショップでの提供を決定したとされている。

 

ちなみにドコモは2019年の12月より、ドコモショップ以外で購入した機種のドコモショップでのサポートを有料としている。

12/1(日)からドコモオンライン注文機種をショップ受取に選択した際の初期設定サポートが3,300円となる事を案内

ドコモショップで購入した機種のサポートは無料となる。

 

こんなの自分でやれば良いという人もいるかもしれないが、あなたの親がそこまでできるだろうか。もしくはあなたが親身になって教える事ができるだろうか。それができるのであれば特に問題ないだろう。

しかし、一部では高齢者などは家族に聞いても怒られると言ってドコモショップへ訪れるケースもあるようだ。
ショップ側も元々ドコモ以外のアプリはサポートしないという決まりであるようだが(データ移行なども基本的にスタッフが行わない)、上記のアプリに関して聞かれる事も多いのだろう。

当初はこれらの設定が有料となると伝える事で一部の客が反論し、時間を取られるかもしれないが、これまでより気軽に頼めないと思うので、結果的に販売スタッフの負担軽減にも繋がるかもしれない。
何でもかんでも無料で頼む人を避けるためという意味合いもあるのかもしれない(これで儲かるかは疑問だが。また、それでも設定を頼む人の数が変わらないかもしれないが)。




申込書兼同意書もあるので、スタッフ側が誘導して無理やり申し込ませる類のものではなさそうだが、心配なら自分で知識を付けたり、家族に関しては自分たちで教えるのが良さそうではある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください