BIC SIMの音声契約からデータ契約への変更について

先日、P20購入時にBIC SIM音声プランを即日開通で契約したが、店員からは音声契約で12ヶ月使って欲しいと言われた。だが、BIC SIM(中身はIIJ mio)は音声契約を12ヶ月以内にデータ契約へ解除料金(音声通話機能解除調定金と言われる)なしで変更可能なようだ。

変更はマイページから当月の20日までに行う必要があるが、適用自体は翌月からとなるようだ。なので、20日を超えての契約で変更したい場合は、翌月の20日までが次回変更の期限となる。

データ契約の最低利用期間は利用開始月の翌月末となっているので、BIC SIMの契約自体を当月20日以前に契約していれば、最短3ヶ月で解約が可能になるはずだ。
事業者のブラックリストなどに載る可能性は否定しきれないが、そのようなルールとなっているので、できないことはないのだろう。

ところで、契約当日中に変更しようと思えばできるのかということであるが、BIC SIMは契約当日にマイページにアクセス可能だ。プラン変更も手前まで行ってみたが、できそうな感じであった。こういうのは手続き内容にもよるが、契約の翌日以降からしかできない事業者もあったりする。
ただ、20日契約で変更が可能かまでは不明だ。しかし、20日契約では変更不可、というような記載は見つけられなかった。

ちなみにBIC SIMは契約月は料金もデータ量も日割り、解約月は月末まで利用可能だが料金は満額請求となっているようだ。
ちなみにmineoは契約月は日割りでデータ量は全量、解約月は日割りだった気がする。

データSIMは翌月の1日に配達されるようになっているようだ。プラン変更を行った月の月末までは現在のSIMカードで音声通話とデータ通信が可能なようだ。
音声契約からデータ契約に変更してしまうと、電話番号が変わってしまう点は注意したい。

※変更の際にはSIMカード交換手数料2,000円とSIMカード発行手数料に400円弱かかる

くれぐれも短期間の音声契約からのデータ変更からの解約は、今後の新規契約に影響が出る可能性もあるので自己判断で行ってもらいたい。

今回実際に変更手続きを行った訳ではないので、本当に変更手続きする際は、また異なる部分が出てくるかもしれないので、あくまで参考程度に見てもらいたい。

Twitterはこちら