【注意】楽天モバイルが7/6(火)から順次iPhoneでのRakuten Linkを仕様変更、電話着信とSMS受信がアップル標準アプリに変更に〜折り返しの際はRakuten Linkアプリの利用の意識を

先日よりiPhone 12シリーズとSEを取り扱い開始した楽天モバイルが、6/24(木)から順次、iPhoneでのRakuten Linkアプリにおいて一部仕様変更を行う。

※7/6(火)より順次変更を案内

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ(2021年7月5日更新)

楽天モバイル

※実施延期を案内(6/24(木))。決まり次第案内との事

 

以下、変更点。

音声通話

Rakuten Linkアプリを利用していない相手からの電話を着信する場合、

・現在:Rakuten Linkアプリに着信
・仕様変更後:iPhone(iOS)標準の電話アプリに着信

ここで注意が必要なのは、標準の電話アプリに掛かってくるので、急いで折り返し電話を掛ける際にうっかり標準アプリを使ってしまう可能性がある事だ。
もちろんRakuten Linkから掛け直せば何の問題もないが、それが意識できるかどうかがポイントだ。

また、海外で標準アプリで着信した場合は、その国や地域の料金が着信側に適用される。

なお、Rakuten Linkアプリ利用者同士の発着信はこれまで通りだ。



SMS(メッセージ)受信

Rakuten Linkアプリを利用していない相手とSMSの送受信をする場合、

・現在:Rakuten LinkアプリでのSMS送受信が可能ですが、
・仕様変更後:iPhone(iOS)標準のメッセージアプリで受信

送信の際はRakuten Linkアプリを使うようにすれば特に問題ないだろう。
なお、海外での送受信は現在標準のメッセージアプリでは利用できないと案内されている。

こちらも、Rakuten Linkアプリ利用者同士のメッセージの送受信はこれまで通りだ。


電話に関しては、人によっては意識しておかないと、うっかり標準アプリで発信してしまいそうであるので、複数台スマホを持っているという人は、Androidでの利用に変えた方が良いかもしれない(そんな人は中々いないと思うが)。

今回の変更は、あくまでiPhone利用者のみ(iOS版)の変更となる。
アップルに怒られたのか、今後Apple Watch取り扱いに向けた整備でもあるのだろうか。




6/24(木)より順次なので、すぐには変わらないかもしれないので、そのまま使い続けていてもどこかのタイミングで変わってしまう可能性がある。

これからiPhoneで楽天モバイルの利用を検討している人は、しっかり確認しておきたい。

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ(2021年6月8日更新)|楽天モバイル

元々、6/15(火)から変更予定だったようだ。

楽天モバイル利用にあたっては、iOS 14.4以降へアップデートしておく必要がある。iPhone正式取り扱いに伴い、これまでより利用できる機種も増えた。

現在楽天モバイルではiPhoneとセット、またはSIMのみMNPでも20,000ポイント還元が行われている。

楽天モバイルが4/30(金)からiPhone 12(mini/Pro/Max含)とSE(第2世代)を販売、2万ポイント還元キャンペーンも〜予約は4/23(金)から

楽天モバイル

 

先日より楽天市場での取り扱いも開始となっている。

楽天モバイル公式楽天市場店でiPhone 12(mini/Pro/Max)とSE(第2世代)が取扱い開始、回線契約なしの端末のみ購入も可能〜お買い物マラソンも

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください