対応周波数最強のSnapdragonInsidersが9/25(土)販売開始、価格16万円台、既に予約も受付中

クアルコムとASUSにより実現した5G対応のSnapdragonInsidersが9/25(土)に発売される。
予約は既に開始されている。

価格は164,880円となっている。購入はASUS公式のオンラインストアで購入できる。

 

Smartphone for Snapdragon Insiders (ZS675KW-BL512R16)

ASUS Store

 

Snapdragonを手がけるクアルコムが関わっているという事もあるからなのか、とにかく対応周波数の豊富さに驚かされる。




周波数においては、現時点では(あまり好きな言い方ではないが)「最強」だと思われる。

以下、対応周波数を抜粋。

Network / RF Band Support

GSM/GPRS/EDGE; WCDMA/HSPA+/DC-HSPA+; FDD-LTE; TD-LTE; 5G Sub 6 SA/NSA; 5G mmWave

5G Sub6 NR (Bands n1, n2, n3, n5, n7, n8, n11, n12, n13, n14, n18, n20, n21, n25, n26, n28, n30, n38, n40, n41, n42, n43, n46, n48, n66, n71, n77, n78, n79)

5G mmWave (Bands n257, n258, n260, n261)

FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71)

TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 46, 48)

WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 19)

EDGE / GPRS / GSM (850, 800, 1800, 1900 MHz)

Supports 4×4 MIMO, HPUE, HO RxD
FR1: DL 4.4Gbps, UL 542Mbps
LTE: LTE 6CA (DL/UL) 2.0Gbps (cat20) (CA_1C-3C-7A-38C) / 150 (cat13) Mbps; Gigabit LTE
DC-HSPA+: DL 42 Mbps / UL 5.7 Mbps
4×4 MIMO and CA with 4×4 MIMO support

SnapdragonInsiders Specifications|Qualcomm




5Gはミリ波はもちろん、4Gからの転用周波数にも対応している。日本のn257にも対応している。
Sub6もn77/78、海外メーカーでは対応していないものも多いn79も対応している。

LTEも海外メーカーでは対応していないものも多い、国内でしか使われていないと思われる1.5GHz帯のBand 11(au/ソフトバンク)/21(ドコモ)にも見事に対応している。

これまで対応周波数の豊富さといえば、iPhoneが浮かぶ人もいると思うが、参考までに国内販売のiPhone 13 Proの対応周波数も抜粋。なお、13 Proと13 Pro Maxに対応差はない。

携帯電話/ワイヤレス通信方式

5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

iPhone 13 Pro 仕様




国内ではミリ波非対応だ。CDMAが対応しているようだ(auが対応しているが、5G対応機種では既に使えない)。

今回のSnapdragonInsidersはiPhone以外にも、キャリア販売のAndroid(ハイエンドモデルでも)で他社の周波数が削られている事に関して怒りを隠せない人もにっこりの満足できる対応だろう。歓喜のガッツポーズだ。

Snapdragon 888 5G、メモリも16GB、ストレージも512GB、6.78インチの144Hz対応の有機ELディスプレイ、4000mAhバッテリーと基本性能も十分だ(バッテリーはもう少し欲しかった)。Androidも11がプリインストールされている。

付属品も豪華だ。

With Premium Branded Earbuds by Master and Dynamic and Earbuds Charging Case
With Quick Charge 5 power adapter (65W)
USB-C to USB-C Cable for Quick Charge 5 adapter (1 meter)
USB-C to USB-A Cable for earbuds charging case (50cm)
Phone case
Ejector pin (SIM tray needle)

要するに、ワイヤレスイヤホン、Quick Charge 5対応の急速充電器、片側がUSB-CまたはUSB-AのUSB-Cケーブルが1本ずつ、ケース、SIMピンが入っている。




 

それらの代償か、価格は164,880円と中々の高額だ。とにかく色々なキャリアで快適に使いたいという人は、その恩恵が受けられると思って納得して買うしかないだろう。海外でもきっと快適に使えるのだろう。

とにかく対応周波数という1点に価値を見出せる人は、購入してみてはどうだろうか。
後継機が今後もあるのかは不明だ。

Smartphone for Snapdragon Insiders (ZS675KW-BL512R16)

ASUS Store

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください