ビックカメラでSIMフリーのAQUOS sense2がBIC SIM契約で100円で案内を確認、アシストオプション適用で〜3/31(日)まで

ビックカメラにおいて、BIC SIMの音声通話SIMの即時開通でシャープのAQUOS sense2 SH-M08が100円で案内されている事を確認した。
期間3/31(日)まで。


本体通常価格は34,460円だ

先日紹介したP20同様、こちらもIIJmioアシストオプション加入が条件なので、12ヶ月間に渡って機種代金が発生する。
しかし、IIJmioアシストオプション割引も適用され、同じく12ヶ月間に渡って割引が適用される。

・IIJmioアシストオプション:2,500円/月×12ヶ月(30,000円)
・IIJmioアシストオプション割引:1,750円/月×12ヶ月(21,000円)

結局、機種代金は750円(2,500円ー1,750円)×12ヶ月で9,000円(30,000円ー21,000円)と、案内されている100円で総額9,100円となるのではないだろうか。
案内からは特にオプション加入などもなさそうではある。

何らかの事情でアシストオプションを解除してしまうと、アシストオプションの月額料金(2,500円/月)と残りの月数の金額の一括払いとなるので注意が必要だ。

現在BIC SIMは、5/8(水)まで1年間620円割引となり、データ容量も同じく1年間3GB増量のキャンペーンを行っている。
そのため通常データ容量3GBの月額1,600円のミニマムスタートプランが1年間月額980円から利用できる。
なので、支払いイメージは機種代金(750円/月)と合わせて月額1,730円からとなる。その後は月額1,600円からとなる。
割引前のミニマムスタートプランの料金とあまり変わらない料金で利用可能となる。

BIC SIMキャンペーン(BIC SIM公式サイト)

AQUOS sense2は現在goo Simsellerでもセール価格(6,800円)で販売(OCNモバイルONEとのセット)されているが、IIJmioの回線を利用しているBIC SIMで検討している人は良い機会かもしれない。

Webメディアでもヘビーに使わないのであればAQUOS sense2がお勧めされている事もあり、自分も店頭で触ったりしてみたが、いわゆるハイエンドモデルを使ってきた人にとっては、少しもたつきを感じる印象だ。
しかし、スペックは必要十分なものが揃っているので、それ程使わないという人にとっては価格も含めて丁度良いと思われる。

 

 

 

Twitterはこちら