ビックカメラでSIMフリーのP20がBIC SIMとのセットで持ち帰り価格100円で販売している事を確認〜ただしアシストオプションが条件

ビックカメラにおいて、HUAWEI P20がBIC SIMの音声SIMとのセットで、持ち帰り価格100円で販売されている事を確認した。
期間は3/31(日)まで。MVNOとのセットは音声SIMの即時開通が条件となる。


アシストオプション5,500円はこれまで確認してきた中で最高金額だ

今回はP20 liteではなく、Leica監修のデュアルカメラを搭載したP20の方である。遂に登場といった所だろうか。
ただしIIJmioアシストオプションなので、一括100円では買えない。

12ヶ月に渡っての分割払いが必要で、その金額は毎月5,500円となる。しかし、同様に12ヶ月間IIJmioアシストオプション割が1,750円適用されるので、毎月の機種代金は3,750円となり、12ヶ月で実質45,000円となる。案内の100円と合計で実質45,100円となる。
ただ、12ヶ月間契約していないと、アシストオプション割引はなくなってしまう事になる。
何らかの事情でアシストオプションを解除してしまうと、アシストオプションの月額料金(5,500円/月)と残りの月数の金額の一括払いとなる。
5,500円が12ヶ月なので、仮にすぐ解除してしまうと機種代金は66,000円となる。

現在BIC SIMは5/8(水)まで1年間620円割引となり、データ容量も同じく1年間3GB増量のキャンペーンを行っている。
そのため通常データ容量3GBの月額1,600円のミニマムスタートプランが1年間月額980円から利用できる。
なので、支払いイメージは機種代金と合わせて月額4,730円からとなる。その後は月額1,600円からとなる。

BIC SIMキャンペーン(BIC SIM公式サイト)

これまで比較的安価な機種が多くセット販売されてきた中、今回はハイエンドの部類に入る。

カメラ性能はSIMフリー端末の中でもトップクラスだろう。自分も購入したが、静止画撮影はAI機能をオンにすると鮮やかに撮影される(画質の味付けは人によって好みが別れると思う)。

また、先日Android 9にもバージョンアップが案内されている。

同じ世代のP20 Proはドコモからなので契約が発生し、一部ドコモ仕様となっていたりする(しかし一括1円実質1円で購入できる場合もある)。SIMフリーでは後継機にMate 20 Proもあるが、端末のみ購入だと10万円超えとなったり、MVNOとのセット販売でもそれなりの金額となる。ソフトバンクでは11万円引きもあるが、維持費がそれなりにかかる。

本体サイズもディスプレイが5.8インチなので、そこまで大柄ではない。カメラ重視で料金もなるべく安く抑えたい人にとってはお勧めだろうか。

ちなみに2/24(日)に限り、Amazonでのファーウェイの日替わりタイムセールにおいて、P20が57,902円で販売されている。

興味がある人にとっては良い機会なのではないだろうか。

 

Twitterはこちら