【注意】ソフトバンクのLG G8X ThinQはドコモやauの800MHz帯(プラチナバンド)は非対応

12/6(金)から発売となるソフトバンクのLG G8X ThinQだが、2画面スマホというギミックから興味が湧いた人もいるのではないだろうか。
ソフトバンクでは回線契約なしでの購入も可能なため、端末のみ購入して他キャリアで利用しようと考えている人もいるだろう。
自分も某家電量販店で予約(正確には在庫があれば連絡してもらえるようにしてもらった)した。

【参考】家電量販店でソフトバンクから発売のLG G8X ThinQを回線契約を伴わない予約に行ってみた〜回線契約がないと事前予約は不可に

SIMロック解除も一部家電量販店でも対応している(実際に可能かどうかは要確認)。

ソフトバンク、回線契約なしの端末購入でSIMロック解除手続き可能な家電量販店を案内〜同日解除は手数料無料に

 

既にソフトバンクのホームページでは製品情報の通信方式に、LG G8X ThinQの対応周波数が掲載されている。
結果から言えば、ドコモとauの800MHz帯のプラチナバンド(バンド19(ドコモ)/18と26(au))には非対応となっているため、周波数に関してはあまり詳しくないが、よくある話では建物の中、郊外、地方などといった場所では繋がりにくくなりそうだ。

LG G8X ThinQ (エルジー ジーエイトエックス シンキュー)|ソフトバンク

LG G8X 通信方式|ソフトバンク ※PDFファイルが開くので注意

 

LG G8X ThinQのドコモ、auで対応する4Gの周波数は以下。バンドで記載する。

・ドコモ:バンド1/3/28/42
・au:バンド1/3/11/28/41/42


詳しい人はこれだけ見れば説明不要だろう

 

バンド28も700MHz帯なのでプラチナバンドではあるのだが、まだ800MHz帯程広くないと思われる。700MHz帯がどこまで使えるかが気になるところだ。
auのバンド3は2018年に周波数を割り当てられたというニュースがあったので、現在どこまで利用できるかは不明。
ドコモのバンド3は東名阪エリア限定となる(はずである)。

対応周波数の数だけならドコモよりauの方が多い。ただ、各社が利用している周波数に対応しているからといって実際に利用できるかはまた別の話だと思われるので、対応表だけ見て繋がるはずだと安易に思うのは禁物だ(大体は大丈夫であるとは思うのだが)。

なので、SIMロック解除して他社のSIMを使ったり、SIMフリースマートフォンを購入する際は、端末と利用キャリアの対応周波数に問題ないかをしっかり確認できるくらいの知識が求められる。

利用機種にもよるが、SIMカードを挿し替えるだけでこれまで使っているキャリアの機種と同じ通信環境で利用できる訳では必ずしもない事は、認識しておいた方が良いだろう(SIMカードサイズの変更やAPN設定なども必要になる場合がある)。

もちろん、ソフトバンクから回線契約もありで購入、またはワイモバイル、ソフトバンク系のMVNO(LINEモバイルなど)なら問題なく利用できるだろう(ただしソフトバンク系のMVNOはバンド41が非対応の場合あり)。

別に屋内などWi-Fiでの利用がメインであれば、それ程気にしなくても良いのだが、外でポケモンGOやドラクエウォークなどを楽しみたい人は少し注意が必要だ。

先日実機を少し触ってきた感想は以下。

1画面辺り27,720円、SDM855搭載で一括5万円台、ソフトバンクから発売の2画面ハイエンドスマホ、LG G8X ThinQの実機をちょっと見てきた

 

 

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください