【注意】ソフトバンクから購入した機種でもLINEMOでの利用はSIMロック解除が必要に〜解除はMy SoftBankなどから手続き可能

先日紹介したソフトバンクのAQUOS zero5G basicの時にも少し触れたが、3月から開始した20GBのオンライン専用プランLINEMOに変更する場合、利用する機種はSIMロック解除がされている必要がある。

ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換える(MNP)ときに必要なことを知りたい。|ソフトバンク

これはソフトバンクからも購入した機種も同様となる。
ソフトバンクからの変更でSIMロック解除せずに移行してしまった場合は、My SoftBank(専用ウェブページ)から手続きできるという。

Q.SIMロック解除をせずにソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(番号移行)をしてしまった場合、どうしたらいいですか?

A.My SoftBank(専用ウェブページ) にてSIMロック解除のお手続き後、機種本体での設定が必要です(手数料無料)。ソフトバンクショップでも受け付けしています(手数料3,300円がかかります)。

SIMロック解除をせずにソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(番号移行)をしてしまった場合、どうしたらいいですか?|ソフトバンク

ソフトバンクショップ店頭でも手数料は掛かるが可能となっている。

My SoftBankからの手続きは、初回のみスマートフォン上で本人確認書類が必要となるとの事なので注意したい。
受付時間は9時から21時までとなっている。




基本的にはIMEI番号を入力すれば解除される。Google Pixlelを除くAndroidスマートフォンの場合は解除コードの入力が必要になるので気を抜かないようにしたい。

ドコモのahamoやauのpovoも、LINEMOと同じく20GBでオンライン専用プランであるが、あくまでメインブランドの料金プランの1つという位置付けとなっている(廃止されたりするサービスもあるが)。
しかしLINEMOはソフトバンクのメインブランドの中のプランではなく別ブランドとなる。ワイモバイルのようなブランドが増えたと考えるのが良いだろう。

LINEMOに変更する場合は動作確認されているかもしっかり確認しておきたい。

 

 

Twitterはこちら