【11/17(水)〜】ヤマダ電機でソフトバンクのミリ波対応AQUOS zero6がMNPと30歳以下新規で37,440円還元〜機種変更や端末単体でも15,440円還元

先日割引が増額して販売されていた事を紹介したヤマダ電機のソフトバンクのAQUOS zero6であるが、少し条件が変更されて案内があったので紹介したい。

期間は11月中となっている。

通常機種代金は74,880円で、


・MNPまたは5歳〜30歳以下の新規契約:一括37,440円(22,000円還元+15,440円還元)

・通常新規契約/機種変更/端末単体のみ購入:一括59,440円(15,440円還元)


1人1台限りとなる。




以前紹介した時は、新規契約は22歳以下や、48回割賦やメリハリプラン加入が条件であったが、今回は年齢制限は30歳以下に拡大し、一括購入も可能であるような案内で、メリハリプラン加入が条件の記載もなくなっている(記載がないだけでメリハリプランは加入しないといけなかもしれないので要確認)。また、今回より税込表記にもなっている。

参考までに前回の案内は以下。

ヤマダ電機でソフトバンクのミリ波対応AQUOS zero6がMNPと22歳以下新規で34,000円還元〜機種変更や端末単体でも14,000円還元

 

一応還元方法は値引きの他に、分割支払い金値引きも可能となっている。昔でいう月月割みたいなものだろうか。
24回の分割払いの場合、新規とMNPは1,559円×24回で37,416円割引。端末単体購入の場合、643円×24回で37,416円割引となるようだ(端末単体購入の場合、この計算だと15,432円になるが記載のまま紹介)

 



 

どうやらソフトバンクでは11/17(水)より30歳以下の割引キャンペーンが新たに始まっているようで、それに伴う変更のようだ。

5歳~30歳の方の新規契約限定!「U30 web割」が11月17日(水)から開始|ソフトバンク

 

なので、これまで特価で販売されており、新規契約で年齢制限があったiPhone SE(第2世代)や12 mini、Pixel 5a(5G)にも影響が出てきそうだ。

変更があった機種もあったので後日紹介したい。

 

AQUOS zero6は前作のzero5G basicとは異なり、その1つ前のzero2の様な軽量ボディ(146g)に回帰した上で、トリプルカメラやミリ波に対応している。メモリ8GB、ストレージ128GB、バッテリーは4010mAh、画面内指紋認証に対応する。ワイヤレス充電は非対応となる。
キャリア販売のAndroidには珍しいeSIMにも対応し、デュアルSIMで利用できる。

ソフトバンクからAQUOS zero6が登場、しかしドコモのプラチナバンド非対応に〜SIMロック原則禁止の弊害か

ちなみにauでも販売されているが何故かミリ波非搭載となっている。

auがAQUOS zero6の対応周波数を公開、まさかのミリ波非対応/ソフトバンク同様ドコモのプラチナバンドとn79には非対応




CPUはSnapdragon 750Gと、zero2の時の様な当時のハイエンドCPUが搭載されている訳ではないが、機種変更や端末単体でもミリ波対応機種がそこそこの価格で持てるので、興味のある人は検討してみてはどうだろうか。

個人的には割引の増額よりも、zero2の時のような通常機種代金の値下げも期待したいところだ。自分もこの時購入した。

ソフトバンクのAQUOS zero2が2万円台に値下げ、SDM855/RAM8GB/ROM256GB/240Hz表示など同価格のPixel 3aより高性能〜ドコモ/auのプラチナバンドにも対応

約2万円に値下げしたソフトバンク版AQUOS zero2を本体のみで一括払い、同日SIMロック解除で買いました〜気付いた点も紹介

 

現在対象者限定で1年間通信料金最大13,200円割引クーポンも利用できる。
詳細は以下。新規契約、MNPで利用できる。

ヤフー限定割引クーポン

対象者は忘れずに使いたい。

先日よりソフトバンクからワイモバイルへの移行も簡素化されている。

【8/18(水)〜】ソフトバンク 、ワイモバイル等に乗り換え時にMNP予約番号不要に、自動でSIMロックも解除に〜ワイモバイルは9月の基本料1ヶ月無料も




端末だけ購入する人は、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、MVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。
MVNOは4月から料金が値下げしているところもある。さらに一部では5Gにも対応している。

eSIMも対応しているので、IIJmio、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルで利用できる。
各社、SIMのみ契約で還元が行われている場合もあるのでチェックしてみると良いだろう。

注意が必要なのは、キャリアかメーカーの間で何かあったのか、以前のAQUOSシリーズでは幅広く対応していた各社の周波数が減ってしまった。zero6の場合、ドコモのプラチナバンド(バンド19)非対応となので、ドコモやそのMVNOで利用する場合はやや使いにくくなっている。10月からのSIMロック禁止や端末単体販売利益確保の影響なのだろうか。
なので、快適な通信を望むのであれば、auやソフトバンクやそれらのMVNOでの利用をお勧めする。

Y!mobileオンラインストア  ※MNPで最大7,000円分PayPayボーナス。こちら

UQモバイル  ※SIMのみMNPで最大13,000円キャッシュバック。こちら

楽天モバイル  ※SIMのみMNPで20,000ポイント還元。こちら  ※楽天モバイル版も販売されているがソフトバンク版が同様に動作するかは要確認

IIJmio  ※初期費用1円とデータ容量増量中。こちら

BIGLOBEモバイル

格安スマホはmineo

イオンモバイル

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile  ※20GB月額2,699円プラン登場。最大3ヶ月無料。こちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください